リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

真似る対象は、バルサからマドリーへ。
好調ビジャレアルを支える戦術と新星。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/10/17 10:31

真似る対象は、バルサからマドリーへ。好調ビジャレアルを支える戦術と新星。<Number Web> photograph by Getty Images

ビジャレアルは2005-2006シーズンにCLベスト4入りを果たし、「イエロー・サブマリン」旋風を巻き起こした。前列中央が筆者注目のトリゲロス。

バルサの真似から、今はマドリーを真似ている。

 いまのビジャレアルを最も適確に表しているのはカニのこの言葉だろう。

「昔の俺たちはバルサの真似をしようとしていたけれど、いまは(昨季までの)マドリーを真似ようとしている」

 ただし変わらない一面もある。観る者を惹きつけるダイナミズムはそのままで、よくまとまったチームの機能美は魅力的。つまり、クラブの方針といえる「観客を楽しませるサッカー」は、スタイルは変われど健在ということだ。

 そんな新生ビジャレアルのスターはメキシコ代表ドスサントスだが、この先を見越して注目したいのは22歳のピボーテ、トリゲロスである。

 早くもスペイン代表復帰の可能性が噂されているブルーノと並んで中盤を締める彼は、元トップ下ならではのボールコントロールとゲームビジョンを持ち、奪ったボールをテンポよく、然るべき方向へ動かす。現在の好調のカギを握る1人であり、今後チームへの影響力を強めていくのは間違いない。

 5位以下にちょっとした差をつけて前進するビジャレアルの今シーズンの目標は、昇格組らしく一部残留だという。しかし最初の8試合で17ポイントを得ていることを考えると、残留の目安とされる42ポイントラインは難なく越えられるだろうし、もっと上を目指すこともできるはず。実際8節で17ポイント以上獲得した過去3シーズン('07-'08、'08-'09、'10-'11)はそれぞれ2位、5位、4位で1年を終え、全てCLまたはELの出場権を獲得している。

 昇格組が順位表の一桁部分に食い込むこと自体はそれほど珍しくないリーガだが、ヨーロッパ行きもあり得るビジャレアルは、今季の台風の目になるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2
バルセロナ
アトレティコ・マドリー
レアル・マドリー
ビジャレアル
マルセリーノ・ガルシア・トラル
ジオバニ・ドスサントス
マヌエル・トリゲロス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ