私とDo 特別編BACK NUMBER

<生活習慣を見直そう> 睡眠で太らない~自律神経とホルモンを整える!~ 

text by

梅森妙

梅森妙Tae Umemori

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/06/21 06:00

<生活習慣を見直そう> 睡眠で太らない~自律神経とホルモンを整える!~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

寝る3時間前の夕食で睡眠が「プチ断食」になる!

「寝る3時間前に食べれば、睡眠時間が7時間の場合、朝起きてから1時間で朝食だとすると、合計11時間のプチ断食になる。睡眠中でも血流や呼吸、脳や内臓の活動などにカロリーは消費されていますので、成長ホルモン分泌効果に加えて、ダイエットにも効果的です」

 また睡眠時間が短くなるとホルモン分泌に影響が出て、太りやすい体質になる。

「コロンビア大学の1万8000人を対象にした研究では、7~9時間睡眠のグループの肥満率を1とした場合、4時間未満の睡眠で1.73と、睡眠時間が短いと肥満率が増加することがわかりました。これにはレプチンとグレリンという2種類のホルモンが関係している。レプチンは脂肪の生産を抑えたり、脂肪を使えと指令を出すもので、睡眠時間が短くなると分泌量が減少します。グレリンは脳の視床下部に働きかけて『食べろ』という指令を出します。睡眠が4時間と10時間では、4時間のほうがグレリン血中濃度が30%増えるというデータがあります」

遮光カーテン、アロマ加湿器……快適な睡眠環境をつくる。

 最後に快適な睡眠環境をつくるにはどうしたらいいか聞いてみた。

「遮光カーテン等で光を遮る、寝返りをうちやすい薄着などがポイント。暑さや寒さで眠れないときはエアコンを、また喉の粘膜を守り、香りが良質の眠りを誘うアロマ加湿器もうまく使ってください」

 日中きちんと活動して良質な睡眠をとり、自律神経とホルモンを整える。これが太らない体につながるようだ。

Number Do『太らない生活 2013~健康と軽い体を手に入れよう~』では、
「生活のキホンから変えていく」をテーマに様々な減量方法を検証!
今回の“睡眠”だけではなく、入浴方法、姿勢の改善、そしてNEATと呼ばれる
日常動作の積み重ねなど、それぞれのポイントを掲載しています。
太らない生活 2013~健康と軽い体を手に入れよう~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ