SCORE CARDBACK NUMBER

怖れが現実となった
丸藤正道の“過労欠場”。
~三沢光晴の死が残した教訓~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/08/31 06:00

怖れが現実となった丸藤正道の“過労欠場”。~三沢光晴の死が残した教訓~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

獣神サンダー・ライガーら他団体の難敵とアウェーのリングで激闘、次々撃破してきたが

 やはり危惧していたことが起こった。ノアの若きリーダー、丸藤正道が7月25日、DDTの両国国技館大会でケニー・オメガ(欠場した飯伏幸太の代役)との試合に勝利したものの、右肩と首を負傷。変形性頚椎症性神経根症と診断され、長期欠場に追い込まれたのだ。

 昨年3月に右ヒザを痛めて手術、12月の日本武道館大会で復帰したばかり。再起してまだ1年も経っていない。G1クライマックスの初出場が決まり、カードも発表済みだっただけに、ノアのフロントばかりでなく、新日本の関係者も「彼に代わる選手は見当たらない!」と真っ青になった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 651文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーの未来を語る。

Sports Graphic Number 760

日本サッカーの未来を語る。

 

関連記事

丸藤正道
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ