NumberEYESBACK NUMBER

木崎の台頭と野口の復活。
女子マラソンV字回復への鍵。
~金哲彦が見た名古屋での好走~ 

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/03/26 06:00

木崎の台頭と野口の復活。女子マラソンV字回復への鍵。~金哲彦が見た名古屋での好走~<Number Web> photograph by Kyodo News

名古屋ウィメンズマラソンのレース後半にトップ争いを演じた、野口、木崎、ディババ(左から)。

 3月10日の名古屋ウィメンズマラソンで、木崎良子が2時間23分34秒という好タイムを出して優勝し、1年ぶりのレースとなった野口みずきも、2時間24分5秒で3位に入り、復活を印象付けました。木崎は8月のモスクワでの世界陸上に内定、野口も代表入りが有力です。

 陸連は、世界陸上の代表選考において、派遣設定タイムを「2時間23分59秒以内」とし、これまでより2分引き上げました。木崎がこのタイムを上回る記録を出せた要因は3つあります。1つ目は、天候、風、15度程度の気温と気象条件が整ったこと。2つ目は、野口みずきがペースメーカーに与えたプレッシャー。五輪金メダリストでマラソンを熟知している彼女は、もともと『前で引っ張る』タイプですが、名古屋でもペースメーカーに後ろから声を掛けたり、横に付いたりして、しっかりペースをコントロールしていました。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

木崎良子
野口みずき
ディババ

陸上の前後のコラム

ページトップ