SCORE CARDBACK NUMBER

ノリックの遺志を継ぎ、
世界王者を目指す若武者。
~17歳・野左根航汰の挑戦~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2013/02/19 06:00

ノリックの遺志を継ぎ、世界王者を目指す若武者。~17歳・野左根航汰の挑戦~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

10月には18歳になる野左根。世界基準では決して若すぎることはない。右は阿部光雄監督。

 '95年から世界グランプリにフル参戦して一世を風靡したノリックこと故阿部典史さんは、'07年に交通事故で亡くなった。そのノリックの父・阿部光雄さんが監督を務めるウェビック・チーム・ノリックが、17歳の野左根航汰(のざね こうた)を起用して、世界に挑戦しようとしている。

 チーム・ノリックは、オートレーサーの光雄さんのサポートを受けて、ノリックが'06年にスタートさせた。第1期生の野左根はそのとき10歳。ノリックが亡くなった後も、息子の遺志を継いでチームを率いてきた光雄さんの指導でメキメキ腕を上げてきた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

阿部光雄
野左根航汰

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ