野球クロスロードBACK NUMBER

トライアウトに挑戦したベテラン2人。
門倉健と佐伯貴弘が貫き通す己の道。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto/KPG Images(AFLO)

posted2012/11/30 10:30

トライアウトに挑戦したベテラン2人。門倉健と佐伯貴弘が貫き通す己の道。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto/KPG Images(AFLO)

門倉健(左)と佐伯貴弘。トライアウト後、門倉は「まだできる。打ち込まれていたら違う考えになっていたけれど」と語り、佐伯は「需要と供給の世界ですから……もしダメだったら、一区切りつけよう(引退)と思います」とコメントした。

ロッテの入団テストは不合格ながら、手応えはあった。

 蹉跌を経て掴んだチャンス。それが、ロッテの入団テストだった。

 時期がトライアウト一次と重なったが、「ロッテのユニフォームを着たい」と、佐伯はロッテの秋季キャンプに帯同する。実戦形式のテストとなった紅白戦では3打数無安打。結果を出せず不合格となったものの、「バットに当たらないかと思ったけど、想像以上に普通に試合に入れた」と、感触を得たのも事実だった。

「伊東(勤)監督にチャンスをもらえてすごくありがたかった。ロッテのテストは分岐点になりました。あれで自分は蘇りました」

 蘇った。それは、本人の言葉にあるように、現役時代と変わらずバットを振り、守ることができ、全力疾走も可能なところを周囲に見せられたことだった。

 トライアウトでは、一つひとつのプレーに集中することはもちろん、ピッチャーに声をかけるなど、それまでと変わらない佐伯の姿があった。最終打席では右中間への二塁打を放つ意地も見せた。

「自分を貫き通せ」、後輩の胸に響いた佐伯の言葉。

 そんな佐伯の姿は、後輩たちにも強く響いている。トライアウトに参加したDeNAの高森勇旗は、佐伯についてこんな話をしていた。

「戦力外になって佐伯さんに電話をしたとき、『本当に現役続行を望んでいるなら、自分の意思を貫き通せ。それくらい死ぬ気で練習できるか?』と、すごくいい話を聞かせてもらいました。そのおかげで、トライアウトにも自信を持って臨めました」

 そのことを佐伯に告げると、うん、と大きく首肯し、自らの想いを明かした。

「19年間、プロでやってきて『ああしておけばよかった』と後悔して辞めていく選手を何人も見てきたんです。自分自身、そう思うのが一番嫌いなんですよ。だから、高森にも『仮に次の球団が決まったとしてもホッとするんじゃなくて、そこからも死ぬ気でやれよ』とは伝えました」

 年齢的にも獲得球団がなければ引退を余儀なくされる。佐伯自身、それを理解しながら、今はまだ現役続行の意志を貫く。

「年齢のことを問われれば僕からは何も言えないけど、野球ができる環境があればどこでもやりたいし、なければ区切りも、ね。でも今は、『もし』という言葉は使わないようにしています。自分の想いと違う結果になったことを考えると、今後のことを安易に話すことなんてできませんよ」

それでも彼らは完全燃焼にこだわり続ける──。

 門倉は都市対抗、佐伯はロッテの入団テストと、引退のきっかけになりうる出来事はあった。プロでの実績はある。「もういいだろう」という声も少なくない。

 それでも彼らは、完全燃焼にこだわる。

 自分がやれると信じている限り引き際など訪れない――。

 その強い意地。プロ野球選手として大事なものを、門倉と佐伯は、このトライアウトで身をもって見せてくれたのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

門倉健
佐伯貴弘

プロ野球の前後のコラム

ページトップ