SCORE CARDBACK NUMBER

才能を確実に伸ばす、
バドミントン界の“秘策”。
~将来有望な若手に「背伸び」を~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2012/11/20 06:00

才能を確実に伸ばす、バドミントン界の“秘策”。~将来有望な若手に「背伸び」を~<Number Web> photograph by AP/AFLO

五輪、世界選手権に次ぐスーパーシリーズのフランス・オープンで初優勝した三谷美菜津。

 五輪競技の選手は、オリンピックをひとつの区切りに競技人生を組み立てている。だから、オリンピックが終わるとともに引退する選手も多い。そして世代交代が促される。

 バドミントンもそうだ。潮田玲子が引退し、ロンドン五輪で銀メダルを獲得した藤井瑞希と垣岩令佳のペアも、藤井が日本代表から退くことを決めた。

 第一人者たちがいなくなるのは、次の世代の選手にとっては好機でもある。それを裏付けるように、このところ、若手選手の活躍が目立っている。21歳の三谷美菜津は、スーパーシリーズの一つ、中国マスターズで元世界ランキング1位の中国の選手を破りベスト8入りを果たした。続くフランス・オープンではロンドン五輪銅メダリストに勝利し優勝。同シリーズのシングルスでは日本初のことだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 556文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

三谷美菜津
奥原希望
桃田賢斗
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ