SCORE CARDBACK NUMBER

ドーピング講習会が
行なわれる裏事情。
~五輪種目『SUMO』への布石!?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/09/08 08:00

ドーピング講習会が行なわれる裏事情。~五輪種目『SUMO』への布石!?~<Number Web> photograph by KYODO

2008年力士の大麻問題を受け、理事長との会談後に記者会見する委員会の故・大西祥平教授。

「ドーピング検査をするわけでもないのに、講習だけ受けても無駄じゃないのかな」

「ドーピングは、もともとアマチュアスポーツのものなんじゃないの?」

 8月21日、国技館に集った力士や師匠たちは、 怪訝そうに首をかしげていた。この日、日本相撲協会が、昨年12月に続いて2度目のドーピング講習会を開いたのだ。日本医科大千葉北総病院の南和文整形外科部長を講師とし、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が禁じる医薬品などについて、約1時間にわたり講習を受けた力士たち。薬剤師用の「ドーピング防止ガイドブック」が資料として配布され、市販の風邪薬やサプリメント、滋養強壮薬にも禁止成分を含むものがある、などと注意を促された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

香川真司とマンチェスター・U~世界最高峰への扉は開かれた~

関連記事

大西祥平
オリンピック・パラリンピック

相撲の前後の記事

ページトップ