ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

盤石の金メダル候補、福見友子敗退。
初五輪で待ち構えていた「魔」の瞬間。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/07/29 13:30

盤石の金メダル候補、福見友子敗退。初五輪で待ち構えていた「魔」の瞬間。<Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

得意の形に持ち込めず、準決勝で敗退。呆然とする福見友子。相手の研究と対策が勝っていたのか……。次の大会での成長に期待したい。

次の大会で、成長した福見を見たい。

 その言葉のとおり、どこまでも自分に厳しく、柔道に対して真摯であった。

 その一方で示す周囲の人々や後輩への気遣い、礼儀、試合や練習での作法、それらから、柔道とは、柔道家とは何かを感じさせる、伝える選手だった。

 そんな柔道家だからこそ、笑顔で大会を終えてほしかった。

「最悪です」

 今日の結果をそのように評した園田監督は言う。

「代表になってから調子を落とさず、あの年齢でしっかりやってきたので、誰にも恥じることなく胸を張っていいと思います」

 福見をよく知るからこその、いつもは選手にとことん厳しい指導者の、心からのねぎらいだったのではないか。

 福見自身は、こう語ってもいた。

「ここまで勝つための準備をずっとしてきました。金メダルを獲れなかったのは、何が足りなかったのか、もう一回考えます」

 考えた末にもうひと回り成長した柔道家としての姿を、次の大会で見ることができたら。

 そんなことを思う。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福見友子
アリーナ・アレクサンドラ・ドミトル
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ