NumberEYESBACK NUMBER

“人類最強”のヒョードルが
格闘技界に残した軌跡。
~ロシアの皇帝、ついに引退~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/07/11 06:00

“人類最強”のヒョードルが格闘技界に残した軌跡。~ロシアの皇帝、ついに引退~<Number Web> photograph by AFLO

試合後には、プーチン大統領から競技普及への貢献を称えられた。

 かつて日本の格闘技イベントPRIDEで“人類最強の男”の名をほしいままにしたエメリヤーエンコ・ヒョードルが有終の美を飾った。

 6月21日、ロシアのサンクトペテルブルクでペドロ・ヒーゾと激突。連打でテイクダウンを奪うと、そのままパウンドを打ち落として、1回84秒でTKO勝ちを収めたのだ。

 ヒーゾ戦が決まるやヒョードルは引退を示唆したため、いやがうえにも注目度は高まった。もっとも、試合直前になると前言を撤回するなど揺れ動く気持ちを隠せない様子だったが、勝ち名乗りを受けると自ら別れを告げた。「ついにその時が来た。このスポーツから引退する」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

エメリヤーエンコ・ヒョードル

格闘技の前後のコラム

ページトップ