欧州CL通信BACK NUMBER

戦略家なのか臆病者なのか?
1点で“快勝”したバイエルンのやり口。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2010/04/22 11:40

戦略家なのか臆病者なのか?1点で“快勝”したバイエルンのやり口。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

2人退場した広いピッチをロッベンのドリブルが切り裂く!

 10人対10人。ピッチから2人も少なくなり、大きなスペースができたのだから、ドリブラーのロッベンが大人しくしているわけがない。69分、ティモシュクのショートパスを受けると、中央から約30メートルのミドルシュートをネットに突き刺した。

 ここからがファンハールの「ひねくれ采配」の真骨頂である。

 ファンハール監督はロッベンに代えて、フィジカルの強いアルティントップを投入する。つまり、追加点よりも、失点しないことを優先したのだ。この弱気な交代にロッベンは唖然とし、不満げにピッチを去った。試合はファンハール監督の狙いどおり、1対0のまま終わった。

 試合後、ファンハール監督はしてやったりという表情でTVインタビューに登場した。

「今日のスコアに非常に満足している。今のバイエルンなら、どんな状況でも必ず1点は取れる。だから、もし今日、相手がアウェイ・ゴールを取れなければ、うちにとって大きなアドバンテージになると考えていたんだ。次の試合で、リヨンは苦しくなるはずだ」 

 確かにバイエルンが敵地で行われる第2レグで1点でも取れば、リヨンは3点取らなければいけなくなる。ファンハール監督の言うとおり「バイエルンはアウェーでも1点は取れる」という計算が成り立てば、もう決勝に進んだも同然だ。

 しかし、そう計算が、うまくいくものだろうか。

 優れた戦略家なのか。それとも慎重すぎる臆病者なのか。

 その答えは第2レグの結果が、下してくれるだろう。

関連記事

BACK 1 2
バイエルン
ルイス・ファンハール
フランク・リベリー
アリエン・ロッベン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ