SCORE CARDBACK NUMBER

本場のムエタイに挑戦する、
日本人選手たちの課題。
~梅野源治の敗戦から考える~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byHiroshi Soda

posted2012/03/16 06:00

本場のムエタイに挑戦する、日本人選手たちの課題。~梅野源治の敗戦から考える~<Number Web> photograph by Hiroshi Soda

試合直前にS・フェザー級7位にランクアップした梅野だったが、判定負けに終わった。

 2月下旬、日本人選手によるタイでのムエタイ挑戦が相次いだ。調べてみると、5日間に11名の和製ムエタイ戦士が現地のリングで闘っている。

 22日、バンコクのデパート特設リングで行なわれた大会では現地で修行を続ける関西出身のノゾミ・イングラムジムが一進一退の攻防の末、一回り大きいオーストリア人選手を撃破。興奮したリングアナが「早くも今年のベストバウト誕生」と絶賛するほどの激闘を制した。

 もっとも、打倒ムエタイを果たせたのはほんの一握り。23日には海外でも積極的に闘う国崇がムエタイ二大殿堂のひとつラジャダムナンで現役ランカーに挑んだが、ヒザ蹴りの攻防に対応できず、3R途中でレフェリーに試合を止められた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

梅野源治

格闘技の前後のコラム

ページトップ