MLB東奔西走BACK NUMBER

'75年生まれがメジャーでなお成長中!
上原、高橋、建山の“年男トリオ”。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/07/12 10:30

'75年生まれがメジャーでなお成長中!上原、高橋、建山の“年男トリオ”。<Number Web> photograph by Getty Images

メジャー3年目の上原浩治はクローザーとして活躍中。緩急をつけた投球で着実に抑える。レンジャーズの建山義紀とは大阪・東海大仰星高の野球部の同期生

心と身体を成長させたいと願う、飽くなきプロ意識。

 上原はスポーツ推薦ではなく一浪して大学に進学し、また建山も専門学校を経て社会人野球へ進み、高橋も大学卒業後に社会人野球を経験しているという、スター街道とは離れた彼らの道のりにも大きく影響されているのだろう。

 2年前からイメージトレーニングを取り入れているという建山が、ある日の試合前、楽しそうにこんな話をしてくれた。

「もちろん年齢からいって体力は落ちていくだけです。その分技術とメンタルは伸ばしていきたいと毎日考えていますよ。例えばもっと腕を下げて腕を遅らせればもっと抑えられるんじゃないかとか。でももうそれを決断する時は現役じゃないかもしれませんけどね」

 選手の成長に年齢は関係ない。この3選手なら今後もメジャー球界で成長を続け、日本人選手の存在感を指し示してくれることだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
上原浩治
高橋尚成
建山義紀
ボルチモア・オリオールズ
ロサンゼルス・エンゼルス
テキサス・レンジャーズ

MLBの前後の記事

ページトップ