野球クロスロードBACK NUMBER

小笠原の“ガッツ”が覚醒した夜。
イチロー、松中とは違う運命へ! 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/11/04 12:30

小笠原の“ガッツ”が覚醒した夜。イチロー、松中とは違う運命へ!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1997年日本シリーズの古田敦也とまったく同じ成績だった!?

 第3戦の活躍によって、小笠原は完全に目を覚ました。

 いや、その判断はまだ早計なのかもしれない。重要なのは次の第4戦。ここでの打撃次第で、チームの今後はもちろん、個人成績も大きく左右されるといっていいだろう。

 過去の日本シリーズを例に挙げれば、'97年の古田敦也(ヤクルト)の成績が最も分かりやすい。

 4番を任されながらも、2試合が終わった時点で9打数1安打と出だしは最悪だった古田だが、1勝1敗で迎えた本拠地・神宮球場での第3戦で決勝アーチを放つとバットに火がついた。第4戦で3打数2安打2打点。第5戦も4打数2安打でチームも3連勝。一気に日本一を決めた。最初は眠っていた古田も、終わってみればMVP。逆シリーズ男からシリーズ男へと華麗に変貌してみせた。

 チームの主砲。敵地での2連戦で1安打。1勝1敗。本拠地初戦で決勝点を叩き出す。第3戦までの古田と小笠原は驚くほど似ている。

 ということは、日本一は巨人が、そしてMVPには……。

 そういった安易な考えはよそう。ただ、第4戦が小笠原にとって重要であることは間違いない。

関連記事

BACK 1 2
糸数敬作
小笠原道大
北海道日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ