SCORE CARDBACK NUMBER

タイガー・ウッズの
時代は終わったのか?
~全米オープン欠場の余波~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2011/06/24 06:00

タイガー・ウッズの時代は終わったのか?~全米オープン欠場の余波~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

昨季から未だ勝利なし。14年ぶりに、トップ10から陥落したウッズに復活の日は来るのか

 タイガー・ウッズの全米オープン欠場は、単に大会をひとつ休んだだけという次元ではなく、様々な余波を感じさせる。

 欠場の理由は「今年のマスターズで左膝とアキレス腱を痛め、それが完治していない」というもの。

 確かに、ウッズは左膝に持病があり、2008年にはその手術のために全英オープン、全米プロなどを欠場している。

 だが、今回の欠場は、'95年以来、全米オープン16年連続出場という記録が途絶えたということに留まらない。

 むしろ、30代半ばを迎えたウッズが下降線を辿っていることが鮮明になった、という意味合いの方が強いだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メンタル・バイブル~20人のアスリートが明かす心の整理術~

関連記事

タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ