SCORE CARDBACK NUMBER

震災後の活躍目立つ、
自衛隊出身選手の想い。
~ノアからドラゴンゲートまで~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph bySports Nippon

posted2011/06/10 06:00

震災後の活躍目立つ、自衛隊出身選手の想い。~ノアからドラゴンゲートまで~<Number Web> photograph by Sports Nippon

自衛隊時代はアマレス全日本選手権優勝などの活躍を見せた杉浦。防衛記録の更新なるか

 自衛隊出身レスラーの活躍が目立つ。彼らは、東日本の被災地に寄せる想いが人一倍強い。

 真っ先に名前が挙がるのは、GHCヘビー級王者・杉浦貴、谷口周平、青木篤志という、ノアの自衛隊体育学校レスリング班出身3人衆だろう。他にもいる。

 大日本の怪力・岡林裕二は自衛隊ウエイトリフティング班で国体出場の経験を持つ。コーチ格の関本大介とのコンビで獲得したアジアタッグ王座3度目の防衛戦が、全日本の6・19両国国技館で予定されている。

 ドラゴンゲートの人気者B×Bハルクは、自衛隊レンジャー部隊出身という変わり種。5・21大阪大会で行なわれた「キング・オブ・ゲート・トーナメント」で初優勝を果たした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 605文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将に学ぶ。~チームを変革する新時代リーダー論~

関連記事

杉浦貴
谷口周平
青木篤志

プロレスの前後の記事

ページトップ