SCORE CARDBACK NUMBER

“破壊王子”橋本大地の
苛酷な旅立ちと将来性。
~デビュー2カ月を振り返る~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/05/23 06:00

“破壊王子”橋本大地の苛酷な旅立ちと将来性。~デビュー2カ月を振り返る~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロの洗礼を次々と浴びる橋本。デビュー戦となったゼロワン10周年記念興行では、蝶野正洋に痛烈なケンカキックを決められた

 デビュー戦を前にこれほど騒がれた新人も珍しい。ただ、実力は素人も同然なのに、対戦相手は強敵ばかり。18歳の旅立ちにしては気の毒だった。

“破壊王”の異名をとった故・橋本真也さんの長男、橋本大地のことだ。初マットは、3月6日、両国国技館でのゼロワン創立10周年記念興行。相手は父の盟友、蝶野正洋。結果は13分38秒、蝶野の十八番STFに屈し、黒星スタートとなった。

“破壊王子”こと大地が高校を卒業した翌日、大震災が東日本を襲った。重苦しい空気の中で行なわれた3月21日の全日本・両国大会で2戦目のリングに上がる。組まれたのは、もう一人の“闘魂三銃士”、武藤敬司とのシングル戦だった。武藤の必殺技シャイニング・ウィザードを繰り出すも奮戦及ばず、最後はムーンサルト・プレスを食らって、完敗に終わった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

橋本大地

プロレスの前後のコラム

ページトップ