SCORE CARDBACK NUMBER

新潟大がワセダを撃破!
セブンズで起きた大波乱。
~大学7人制ラグビーに見た光明~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2011/05/30 06:00

新潟大がワセダを撃破!セブンズで起きた大波乱。~大学7人制ラグビーに見た光明~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

増田主将はこの活躍が評価され7人制日本代表候補入り。合宿では体幹の強さに高い評価

 セブンズでは何が起きてもおかしくない。7人制ラグビーでは使い古されているセリフだが、これほど痛感させられたのは初めてかも知れない。

 5月8日、秩父宮で行なわれた東日本大学セブンズ。5年後の五輪を睨めば、大学生はまさに中核を担う世代。3連覇に挑んだ東海大に、竹中祥(桐蔭学園)、水上彰太(東福岡)、山下一(長崎北)ら有望新人を獲得した筑波大が2点差まで肉薄した決勝は見応えがあった。

 しかしビッグニュースは意外なところで発生した。1回戦敗者によるコンソレーション戦の準決勝で、完全ノーマークの国立大、新潟大学が、高校日本代表経験のエリートをズラリ並べた早大を24-14でやっつけてしまったのだ!

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これが日本の生きる道。~欧州サッカー'10-'11シーズン総集編~

関連記事

増田宇宏

ラグビーの前後の記事

ページトップ