野球善哉BACK NUMBER

交流戦で堪能したい盗塁を巡る攻防。
捕手vs.走者の名勝負はどれだ? 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/05/25 12:55

交流戦で堪能したい盗塁を巡る攻防。捕手vs.走者の名勝負はどれだ?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2009年春に椎間板ヘルニアの手術を受けているオリックスの伊藤光。この年は一、二軍ともに試合出場は0という、地獄を味わった。翌2010年から徐々に実戦復帰し、今年は一軍定着を目指すまでに復活した

「盗塁阻止はこだわりたいところです」と西武・銀仁朗。

 伊藤以外にも目を向けると……西武・銀仁朗捕手も、スローイングが魅力の選手の一人で、盗塁阻止にこだわりを持っている。

 5月23日の阪神戦が雨で中止になったこともあり、銀仁朗に話を聞いてみた。彼の送球へのこだわりも、プロならではの気迫をもってひしひしと感じられた。

「(盗塁阻止について)キャッチャーのできることというのは、捕って素早く投げること。後はピッチャーにクイックを意識してもらうということですね。僕の送球タイムは一番速い時で、1.7秒です。1.8秒だと遅い方。盗塁阻止はこだわりたいところですね。ここまでは全然できていないんで、増やしたい。僕は対“人”というより対“チーム”を意識しますね。例えば、昨日の阪神だと打ってくるチームですが、次に対戦する広島は走ってくるチームという印象がある。広島は警戒する必要がありますね」

 梵が盗塁を試みた時、銀仁朗は何秒で送球し、結果はどうなるのか……想像しただけで、ワクワクするというものだ。

伊藤vs.福地、大野vs.荒木など、盗塁を巡る名勝負はまだまだある!

 盗塁阻止は、投手と捕手の共同作業ということになってはいる。とはいえ、捕手は盗塁を決められれば自らの責任として悔しく思うものなのだ。銀仁朗が自身の送球タイムを認識しているように、また、最高の送球で梵に盗塁を決められた伊藤が天を仰いで悔しがったように、盗塁阻止は彼らにとってプライドの象徴なのだ。

 交流戦が始まって3カードが終わった。交流戦だからこその対決は、まだ始まったばかりだが、今日から始まる節でも魅力は満載である。

 西武対広島では銀仁朗vs.梵があり、オリックス対ヤクルトでは伊藤vs.福地、日ハム対中日では大野vs.荒木……他にも、まだ見ぬ名勝負がぞくぞくと生まれる予感がしている。

「盗塁を巡る攻防」――。

 交流戦を見る楽しみがまたひとつ増えた。

■関連コラム► 打ち込まれた経験を生かせるか? 横浜復活のカギは正捕手にあり。
► オリックスのキーマンは背番号「0」。果敢に盗塁をねらう森山周の快足。

コメントする・見る
BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤光
梵英心
オリックス・バファローズ
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ