野球善哉BACK NUMBER

交流戦で堪能したい盗塁を巡る攻防。
捕手vs.走者の名勝負はどれだ? 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/05/25 12:55

交流戦で堪能したい盗塁を巡る攻防。捕手vs.走者の名勝負はどれだ?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2009年春に椎間板ヘルニアの手術を受けているオリックスの伊藤光。この年は一、二軍ともに試合出場は0という、地獄を味わった。翌2010年から徐々に実戦復帰し、今年は一軍定着を目指すまでに復活した

試合の流れを大きく変えた、伊藤の盗塁阻止。

 だが、その前に、ここまでの試合展開を整理しておきたい。

 広島・バリントン、オリックス・木佐貫で始まった試合は両投手が好投を見せ、5回まで0行進。

 6回表、広島は無死から岩本が二塁打で出塁、その後、1死三塁とし、5番・栗原の犠牲フライで1点を奪い、均衡を破った。

 オリックスは広島の先発バリントンを打ち崩せないまま、終盤を迎えていた。

 7回表、広島は先頭の石井が四球で出塁、続く石原は送りバントを試みるが、これが失敗に終わる。一走・石井が二塁封殺、一塁に石原が残った。

 ここで、一走・石原が盗塁を敢行したのだ。

 しかし、伊藤は矢のような送球を二塁へ投げ込んだ。タイムは1.84秒。

 石原の盗塁は失敗に終わった。

「盗塁王ですし……次は絶対に刺したいです」

 この回の攻撃を防いだオリックスは、その裏、1死満塁の好機をつかむと、T-岡田が走者一掃の適時二塁打を放ち、逆転に成功。試合もそのまま制した。バント失敗を取り返そうとした石原の盗塁を阻止した伊藤の活躍が、試合の流れを変えたと言っていい。

 伊藤が力を込めて言う。

「キャッチャーとしては、盗塁を決められてヒットが一本出て点をとられてしまうケースにはされたくない。今日はそういう結果にはならなかったので、良かったと思います。試合前から広島には昨年の盗塁王の梵さんがいると分かっていたので、意識していました。僕は肩に自信があるので、梵さんを刺したいと思っていました。決められたのは悔しいですけど、盗塁王ですし……次は絶対に刺したいです」

 伊藤の肩と梵の足。

 また、伊藤vs.東出、石原ら広島の走者との対決。

 売り出し中の若手捕手が、球界を代表するスプリンターたちへ果敢に挑戦した、痺れるような対決だった。レギュラーシーズンでは見られない、交流戦だからこそ堪能できた一幕であった。

【次ページ】 「盗塁阻止はこだわりたいところです」と西武・銀仁朗。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤光
梵英心
オリックス・バファローズ
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ