Sports Graphic NumberBACK NUMBER

別府史之 「僕らしい走りを見せたい」 / ツール・ド・フランス2009プレビュー 

text by

森高多美子

森高多美子Tamiko Moritaka

PROFILE

photograph byYuzuru Sunada

posted2009/07/08 11:30

別府史之 「僕らしい走りを見せたい」 / ツール・ド・フランス2009プレビュー<Number Web> photograph by Yuzuru Sunada

「ツールがなくても走り続ける」と言い切った。

「たとえツールがなくても走り続けるんです。『出ることが夢』でもないし。どんなときでも情熱を持って前に進んでいかないと。

 出たら絶対に期待を裏切らない走りをしますよ。攻撃的な走りを評価されてスキルシマノに呼ばれたんだし、2年前のロマンディでステージ優勝を争ったときみたいに、僕らしく積極的にステージを狙っていきます。総合リーダーはむずかしいけど、今は山も怖くないし、ステージはしっかり狙っていきたいと思ってます。

 いつも自分に言い聞かせているんです。Je sais que je peux.『自分は知ってる、自分はできる』って。だから、日本の人たちには『見てて下さい!』っていいたいですね。

 他に見てほしいのは沿道のお客さんですね。通り過ぎていくだけの選手に、自分の気持ちを伝えたくて集まってるお客さんたち。『なんでそんな熱くなれんの? そりゃ自転車がそうさせんだよ』ってとこを見てほしい」

 参戦が叶っているか、執筆時点では不明だが「ツールがなくても走り続ける」という言葉からはプロとしての覚悟を感じる。と同時に、その言葉を可能にするだけのヨーロッパの自転車を取り巻く環境の豊かさにも気づかされる。そんな広い裾野を持つ「最高峰」としてのツール。やはり特別な存在だ。

別府史之 (べっぷふみゆき)
1983年4月10日、神奈川県生まれ。高校卒業後、渡仏し、'05年ディスカバリーチャンネルでプロデビューを果たす。'07年にはツール・ド・ロマンディで日本人初のプロツアーポイントを獲得する。'08年からスキルシマノ。同年アジア選手権優勝、北京五輪代表。180cm、65kg

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

別府史之

他競技の前後のコラム

ページトップ