SCORE CARDBACK NUMBER

格闘家の「暴力」に、言い訳は通用しない。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2006/03/23 00:00

格闘家の「暴力」に、言い訳は通用しない。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 今年になってから、格闘家絡みの不祥事が立て続けに起こった。「イヤだなぁ」と眉を顰めていたら、3年前の大晦日の興行戦争に端を発する暴力団が関わった恐喝事件も発覚。日本の政界を揺るがした怪文書を民主党の永田議員に渡したと噂される人物も、プロの総合格闘技を齧っていたということで話題になった。

 世間の反応は実にシビア。そうなると、いたるところから「ああ、やっぱり」という声が聞こえてくる。特に格闘家の暴力沙汰に対しては、その傾向が強くなる。自分たちの世界ではOKでも、世間で「足の裏が触れただけ」とか「グーではない。張り手だった」といった言い訳は通用しない。手加減したとしても、暴力は暴力。手を出した時点で負けになる。先手必勝の論理が通用するのは、試合をやっている時だけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 522文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本代表 最後の戦い]奪取。

Sports Graphic Number 649

[日本代表 最後の戦い]
奪取。

 

格闘技の前後の記事

ページトップ