SCORE CARDBACK NUMBER

稀なるダブルス専門家、トーマス嶋田が引退へ。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2004/12/16 00:00

稀なるダブルス専門家、トーマス嶋田が引退へ。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 男子の現行世界ツアー制度が'70年に始まって以来、優勝経験がある日本選手は2人しかいない。松岡修造は、'92年韓国オープンで、日本男子として初めてツアーのシングルスに優勝した。日本男子のシングルス制覇は、後にも先にも、この1回だけである。松岡は、それに先立つ'89年ニュージーランドオープンで、ダブルスにも優勝している。ならば、ツアー制覇の経験を持つ、もう1人の日本男子は誰か。トーマス嶋田はダブルス専門家として、'01年ハイネケンオープン上海でツアー初優勝。その後、'02年ジェネラリオープン、'03年ブラジルオープンと制し、ツアー3勝を挙げた。その彼が、11月の全日本選手権混合ダブルスを制した直後に、'05年のデビスカップ(デ杯)を最後に引退すると発表した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーには浦和がある。THE ONE AND ONLY REDS

テニスの前後の記事

ページトップ