SCORE CARDBACK NUMBER

リングに吹き荒れるか最年少レスラーの嵐。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2004/06/17 00:00

 「10カ月に満たぬキャリアでよくやっているよ……」

 ジュニアヘビー級の実力派・獣神サンダーライガーがその才能に舌を巻くのは16歳のプロレスラー中嶋勝彦だ。

 デビューは今年1月5日の後楽園ホール。WJの石井智宏戦だった。実際には、昨年の9月6日、15歳6カ月で横浜文化体育館における総合格闘技「X―1」で空手家として初リングを踏んでいる。翌日のスポーツ紙面には当然、「最年少記録」の文字が躍った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

プロレスの前後のコラム

ページトップ