SCORE CARDBACK NUMBER

マッハの強さは、楽しみながらの
ワイルドさにあり。
~DREAM大本命の理由~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2009/07/17 06:00

マッハの強さは、楽しみながらのワイルドさにあり。~DREAM大本命の理由~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

フランク・トリッグ戦など、数多くの名勝負を見せてきた。日本を代表する選手といえる

 『DREAMウェルター級GP決勝戦』(7月20日・さいたま)に勝ち残った4名の中で、大本命をあげるとすれば、桜井“マッハ”速人で決まりだろう。唯一の日本人選手という理由で推しているのではない。勢い、経験、技術などを総合的に比較すると、桜井を脅かせる者は皆無なのだ。

 準決勝でぶつかるマリウス・ザロムスキーは元キックボクサーでアクロバチックな闘い方が目を引くものの、寝技に難がある。対抗と目されるアンドレ・ガウヴァオンは寝技のスペシャリストながら、MMAのキャリアはわずか3戦。経験があまりにもなさすぎる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 644文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創立75周年記念特集]ジャイアンツ 「常勝帝国の新次元」

関連記事

桜井"マッハ"速人
アンドレ・ガウヴァオン
マリウス・ザロムスキー

格闘技の前後の記事

ページトップ