SCORE CARDBACK NUMBER

20歳の新星ガルビスはトップへ駆け上がれるか。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/01/29 00:00

20歳の新星ガルビスはトップへ駆け上がれるか。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 シーズン開幕早々、若手の活躍がめざましい。カタールオープンでは21歳のアンディ・マリー(英国)が優勝。準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)、決勝でアンディ・ロディック(米国)と、世界ランク1位経験者を連破しての栄冠だった。インドのチェンナイオープンは20歳のマリン・シリッチ(クロアチア)が制し、ツアー通算2勝目を挙げた。ブリスベン国際(豪州)の1回戦で、世界ランク3位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破る番狂わせを演じたのは、これも20歳のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)だ。

 マリーは'87年生まれ、シリッチとガルビスは'88年生まれ。この'88年組には世界ランク9位のフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)もいる。そして、'89年生まれの出世頭が、現在59位の錦織圭だ。男子テニスでは、ラファエル・ナダル(スペイン)らの'86年組が黄金世代と言われているが、なかなかどうして、それに続く世代にも逸材がゴロゴロしているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 488文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー動乱の刻。

Sports Graphic Number 721

日本ラグビー
動乱の刻。

 

テニスの前後の記事

ページトップ