SCORE CARDBACK NUMBER

最後の舞台まで自分を貫く
森上亜希子の姿勢。
~全日本テニス選手権の見所~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/11/05 06:00

最後の舞台まで自分を貫く森上亜希子の姿勢。~全日本テニス選手権の見所~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

HPオープンで引退セレモニーが行なわれ、同じ大阪出身の奈良くるみから花束を受けた

 9月の東レ・パンパシフィックで現役生活を終えた杉山愛に続き、森上亜希子が今シーズン限りでの引退を表明した。11月の全日本選手権が現役最後の大会となる。

 昨年夏に左ひざを手術した森上は、懸命のリハビリで、この4月に復帰を果たした。しかし、ひざは完治せず、夏の北米遠征を中止するなど、状態をにらみながらの調整と大会出場が続いていた。

「1試合こなしただけで腫れや痛みが出て、2~3日は普通にテニスができない状態が続く。練習でも体を追い込むことができず、この状況では以前の舞台(ツアー大会)に戻るのは難しいと感じ、葛藤はあったが、引退を決意した」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 633文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー&W杯予選特集スペインを極める。

関連記事

森上亜希子

テニスの前後の記事

ページトップ