JリーグPRESSBACK NUMBER

中村憲剛「今、日本で一番うまい」
大島僚太に、無理を通せる凄みが。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/17 17:00

中村憲剛「今、日本で一番うまい」大島僚太に、無理を通せる凄みが。<Number Web> photograph by Getty Images

技術とともに備わりつつある力強さ。大島僚太は万全でありさえすれば、日本代表のかじ取り役としての資質があるのだ。

「勝利の道筋のどこかに自分がいれば」

 今や小林悠と並ぶ看板選手であることは、誰もが認めるところだ。ならば、自分がチームを勝たせるという気概や、自分がゴールを奪うという欲が、彼の中でも強く芽生えているのではないだろうか。そんなメンタリティの変化を尋ねてみたが、そこは笑顔で否定した。

「……いや、そこにしれっと関われれば、僕はいいです(笑)。その(勝利やゴールの)道筋を描いておいて、そのうちのどこかに自分がいれば、いいかな」

 期待した答えを返してくれなかったどころか、まさかの脇役宣言である。だがそれでいいと思った。それでこそ、大島僚太なのである。

 ワールドカップ本大会に向けた日本代表メンバー発表は、刻一刻と近づいてきている。

――1%でも勝つ確率を上げるために。

 その目的のために、本大会直前の監督交代という世界でも稀な「無理を通す」ことで生まれた西野ジャパン。就任した西野朗監督がどんなサッカーを志向するかはまだおぼろげだが、ピッチで「無理を通せる」目と技術を持つ大島僚太は、果たしてどう位置付けられているのだろうか。

 そこに名を連ねるだけの価値は、十分にあるはずだ。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
大島僚太
中村憲剛
川崎フロンターレ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ