ゴルフPRESSBACK NUMBER

宮里美香はなぜ現役を続行するか。
踏みとどまらせた“先輩”藍の言葉。

posted2017/12/07 07:00

 
宮里美香はなぜ現役を続行するか。踏みとどまらせた“先輩”藍の言葉。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

9年もの長きの間、米女子ツアーで戦い続けてきた宮里。その偉業は、次世代へと再び引き継がれていくはずだ。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 5日間の最終予選会を終えて、宮里美香は7オーバーの68位に沈んだ。

 来季の出場権を争う米女子ゴルフツアーの最終予選会に出場したものの、米女子ツアーに参戦して以来、9年ぶりに出場権を喪失した。

「(9年間)あっという間でしたね」

 試合後に溢れる涙を両手で何度かぬぐったが、一旦気持ちが落ち着くと、宮里らしい穏やかな笑顔を見せた。予選会を通して、心の葛藤が和らいだのを確信したからである。

「ゴルフ人生でこんなに悩んだのは初めてだったので」

“天才児”――ゴルフ関係者は敬意を込めて宮里美香を、そう呼んだ。

 9年前。宮里は米女子ツアーの最終予選会に出場し、当時の日本史上最年少記録で、米女子ツアーにフル参戦できる出場権を獲得した。宮里の同期は、'09年の賞金女王のシン・ジエ、'14年の賞金女王のステイシー・ルイス、ミッシェル・ウィーなど錚々たる選手ばかりだった。

 だが、プロに転向したばかりの19歳の宮里は臆するどころか、世界トップの選手に混じって度々優勝争いを演じた。その勢いをかって、日本女子オープンも2度制している。

日本代表になれず、ゴルフ人生で初の挫折を。

 日本を代表するゴルファーまで上り詰めた宮里が次に目指したのは、リオ五輪だった。

 例年以上に自分自身を追い込んで結果を求める。ところが、五輪代表決定の期限が近づくにつれて、宮里の結果が出なくなり、ついには代表から落選してしまう。

 天才児にとって、ゴルフ人生で初の挫折と言っても過言ではなかった。

 代表落選のショックが尾を引き、一生懸命プレーする他の選手に申し訳ないほど「ただただ試合に出る状態」が続いた。

「体は元気だからゴルフをしないと……」

 頭では分かっていても、どうにも体がついてこなかった。

【次ページ】 引退を心に決めた後、宮里藍の言葉を聞いた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
宮里美香
宮里藍
シン・ジエ
ステイシー・ルイス
ミッシェル・ウィー

ページトップ