“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。
ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

posted2017/09/27 16:30

 
齋藤学のマリノス愛を見た9年前。ロシアW杯、海外移籍は諦めない。<Number Web> photograph by Takahito Ando

2008年の齋藤学の「あの姿」。9年前のこの時から、齋藤はずっと己の道を信じて走り続けてきた。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 横浜F・マリノスMF齋藤学、右膝前十字靭帯損傷で全治8カ月――。

 9月26日に衝撃的なニュースが流れた。23日のJ1第27節のヴァンフォーレ甲府戦でスタメン出場していた齋藤は、64分に相手選手との球際の競り合いで、右足を踏ん張った際にその膝を負傷。一度はピッチに戻り、プレーを再開させたが、続行は不可能に。72分に交代を告げられた。

 この時は怪我の状態こそはっきりしなかったが、精密検査の結果はまさに最悪の結果だった。

 このニュースはマリノスサポーターに大きな衝撃を与えただけでなく、「ロシアW杯出場は絶望的か?」というフレーズはサッカーファンにも衝撃を与えた。

 W杯出場はサッカー選手ならば誰もが憧れる夢であり、ほとんどの選手が叶えられないものである。その夢を叶える可能性を持った選手の大怪我による長期離脱は、マリノスサポーターでなくてもショックを受けるはずだ。

 筆者もその1人だ。小学校時代からマリノス一筋の彼は、169cmと小柄で華奢な身体だが、それを補ってあまりあるドリブルの技術を、自分の生きる術として、この道一筋に磨き続けた。

「誰が何と言おうと、僕はこの『ドリブル』で生きていく」

 昔、筆者が取材した時に聞いたこの言葉。彼は、ユース時代に言い放ったこの言葉を、そのまま有言実行し続けているのである。

順風満帆ではなかったが、真っ直ぐ己の道を歩いてきた。

 プロ3年目にはJ2の愛媛FCに1年間の武者修行に出されるなど、決して順風満帆な道のりではなかった。だが、自分の信念を貫き通し、いつしかマリノスの主軸となり、2013年には日本代表に初選出されると、2014年のブラジルW杯のメンバー入りを果たした。出場機会こそ訪れなかったが……W杯を肌で感じることは出来たのだ。

 そして、その後は怪我などもあり、日本代表から遠ざかっていたが、今年に入りクラブのレジェンドである中村俊輔(現・ジュビロ磐田)から、エースナンバー10を託された……その矢先の出来事となった。

【次ページ】 「残りの試合マリノスへこれまで以上の声援を」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
齋藤学
横浜F・マリノス
愛媛FC
中村俊輔
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ