中村俊輔 スポーツ名言
中村俊輔 雑誌表紙

中村俊輔 

97件中 1 - 20件を表示
元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。「だからすぐ次に夢をつくらないと」

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。
「だからすぐ次に夢をつくらないと」

時差ボケで頭がぼーっとしたままの感覚。夢だった日本代表になれたという高揚感。そしてパラグアイが強すぎて歯が立たない衝撃。… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2018/06/19

足立梨花にとってのサッカー日本代表

サッカー日本代表 激闘日誌

足立梨花にとってのサッカー日本代表

日本代表の試合をしっかりと見たのは、2010年4月にJリーグ特命PR部女子マネージャーの就任以降です。ちょうど就任直後にW杯南ア… 続きを読む

足立梨花Rika Adachi

2018/06/08

ジャーナリスト木崎伸也が目撃した激闘の瞬間

サッカー日本代表 激闘日誌

ジャーナリスト木崎伸也が目撃した激闘の瞬間

歓喜から絶望に突き落とされたという意味でも、サッカーの奥深さを見せつけられたという意味でも、個人的に2006年6月12日のワー… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2018/06/01

鈴木啓太が語る代表デビュー戦秘話

サッカー日本代表 激闘日誌

鈴木啓太が語る代表デビュー戦秘話

僕にとってのA代表デビュー戦は、2006年8月、キリンチャンジカップのトリニダード・トバゴ戦でした。イビチャ・オシムさんが日本… 続きを読む

鈴木啓太Keita Suzuki

2018/05/25

上田康太が名波と俊輔から学んだこと。磐田を離れた左利きが岡山を牽引。

JリーグPRESS

上田康太が名波と俊輔から学んだこと。
磐田を離れた左利きが岡山を牽引。

4月14日のJ2第9節、大宮vs.岡山戦の54分。0-1でリードされていた岡山は、ゴール正面約20メートルの距離でFKを得ると、上田康太… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/04/28

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。

“ユース教授”のサッカージャーナル

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。

薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。雨上がりでグラウンドには、まだ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/05

J1中継に“動くスタメン紹介”登場。俊輔は一番乗り、優磨は部屋で練習!?

JリーグPRESS

J1中継に“動くスタメン紹介”登場。
俊輔は一番乗り、優磨は部屋で練習!?

ちょっと変わると、ちょっと嬉しいことがある。居酒屋のお通しが、おいしくなった。コンビニ店員の挨拶が、元気になった。トイレ… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2018/04/03

ジャーナリスト二宮寿朗が目撃した激闘の記憶

サッカー日本代表 激闘日誌

ジャーナリスト二宮寿朗が目撃した激闘の記憶

あれほどのブーイングは、いまだかつて聞いたことがない。君が代が流れても、日本がボールを持っても、それは地鳴りのような響き… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/03/30

代表より鹿島を優先した増田忠俊。「でも、1キャップに感謝しようと」

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

代表より鹿島を優先した増田忠俊。
「でも、1キャップに感謝しようと」

「試合でのプレーは何も覚えていないんですよ。本当に」 切れ味鋭いドリブル、スペースへの飛び出しで'97年鹿島アントラーズの… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2018/03/23

Bリーグ琉球・佐々宜央HCの流儀。33歳で指導者歴15年、異色の経歴。

バスケットボールPRESS

Bリーグ琉球・佐々宜央HCの流儀。
33歳で指導者歴15年、異色の経歴。

当時アメリカに住んでいた多くの子どもと同じように、佐々宜央(さっさ のりお)も赤いユニフォームを身にまとった選手たちのプ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2018/03/12

香川真司が、すべてを語った――。W杯のこと、キャリアのこと、夢のこと。

Number Ex

香川真司が、すべてを語った――。
W杯のこと、キャリアのこと、夢のこと。

香川真司がヨーロッパの地を踏んだのは今から8年前のことだ。日本からやってきた21歳の青年は、2010年のサッカー界を驚かせた。 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

2018/02/20

40歳間近の俊輔が語る「衰え」。メッシと、昔の自分と、今の自分。

サムライブルーの原材料

40歳間近の俊輔が語る「衰え」。
メッシと、昔の自分と、今の自分。

中村俊輔はオッサン化しない。今年6月に40歳になるというのに、若手と同等、いやそれ以上によく走る、よく練習する。ジュビロ磐… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/02/18

横浜F・マリノスでの3年間を告白。モンバエルツ前監督は何を目指した?

ワインとシエスタとフットボールと

横浜F・マリノスでの3年間を告白。
モンバエルツ前監督は何を目指した?

エリク・モンバエルツが、横浜F・マリノスでの3年間の任期を終えてフランスに帰国した。集大成の年となるはずだった昨季はJリー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/01/30

俊輔が磐田で過ごした最高の1年間。「名波さんはすごく勉強になった」

JリーグPRESS

俊輔が磐田で過ごした最高の1年間。
「名波さんはすごく勉強になった」

「最後に三竿くんが倒れていたのを見て、自分の川崎戦のことを思い出した」12月2日、2017年Jリーグ最終節磐田対鹿島はスコアレス… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/12/05

日本の特産品“トップ下”が消える?本田・香川が外れた戦術的な意味。

オフサイド・トリップ

日本の特産品“トップ下”が消える?
本田・香川が外れた戦術的な意味。

「もちろん私はどちらのチームもリスペクトするが、何かをトライしに行きたい」ダークスーツに身を包んだハリルホジッチ監督が、… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/11/04

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

“ユース教授”のサッカージャーナル

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。
ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

横浜F・マリノスMF齋藤学、右膝前十字靭帯損傷で全治8カ月――。9月26日に衝撃的なニュースが流れた。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/09/27

ハリルはいかに時差を乗り越えたか。「寝ない」という原始的な対策方法。

サムライブルーの原材料

ハリルはいかに時差を乗り越えたか。
「寝ない」という原始的な対策方法。

海外組は日本に戻ってすぐに試合。長距離移動の疲労や時差が、彼らを襲う。親善試合を挟んで本番があるならまだしも、1試合目か… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/12

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。天野純、「うまいけど」からの脱皮。

話が終わったらボールを蹴ろう

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。
天野純、「うまいけど」からの脱皮。

それは実に、鮮やかなゴールだった。7月29日の清水エスパルス戦、前半42分のことである。山中亮輔が高速クロスを上げると、タイ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/08/05

ボールを持たずともチームを操る。ジュビロの“俊輔効果”とは何か。

JリーグPRESS

ボールを持たずともチームを操る。
ジュビロの“俊輔効果”とは何か。

今季ホーム戦で負けなしだった“川崎劇場”と呼ばれる等々力陸上競技場に、ジュビロサポーターの歓喜の声が響き渡る。 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/08/03

名波監督が築く鉄壁のジュビロ。モデルは'98年W杯フランスにあり!

ひとりFBI ~Football Bereau of Investigation~

名波監督が築く鉄壁のジュビロ。
モデルは'98年W杯フランスにあり!

勢いが、止まらない。ジュビロ磐田のことだ。中断前のJ1リーグ戦で甲府を破り、5連勝を達成。直近の6試合で1つも負けがない。 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2017/07/19

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ