横浜F・マリノス 

69件中 1 - 20件を表示
なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。

“ユース教授”のサッカージャーナル

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。

薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。雨上がりでグラウンドには、まだ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/05

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

サムライブルーの原材料

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。
ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

誰かが言った。筆者も思った。今季から横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルーが設定する「ハイライン」に、中澤佑二… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/03/30

ハマの守護神は小さくても守れます。マリノス飯倉大樹の巧妙なGK技術。

JリーグPRESS

ハマの守護神は小さくても守れます。
マリノス飯倉大樹の巧妙なGK技術。

「現代のサッカーではストライカーに大きな給与が支払われるが、実際はGKの方が重要かもしれない」2015-16シーズンを前に、同じ… 続きを読む

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

2018/03/22

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。

JリーグPRESS

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。
“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。

「今年のマリノスはつなぐつなぐって聞いてたけど、マジで(マンチェスター・)シティみたいじゃね?」「去年と全然違うチームだ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/03/06

新生マリノスの真ん中に天野純。「何かやりそうな選手になりたい」

話が終わったらボールを蹴ろう

新生マリノスの真ん中に天野純。
「何かやりそうな選手になりたい」

元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルーが監督に就任し、新体制でスタートした横浜F・マリノス。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/02/06

横浜F・マリノスでの3年間を告白。モンバエルツ前監督は何を目指した?

ワインとシエスタとフットボールと

横浜F・マリノスでの3年間を告白。
モンバエルツ前監督は何を目指した?

エリク・モンバエルツが、横浜F・マリノスでの3年間の任期を終えてフランスに帰国した。集大成の年となるはずだった昨季はJリー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/01/30

齋藤学の思いを聞き続けた1年間。マリノスファーストだった男の決断。

サムライブルーの原材料

齋藤学の思いを聞き続けた1年間。
マリノスファーストだった男の決断。

川崎フロンターレの新体制発表が行なわれる2日前だった。齋藤学は横浜F・マリノスから移籍に踏み切った苦渋の決断をSNSに記した… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/01/25

天皇杯って実は戦後に始まった?喜び、切なさが交錯する元日決戦。

JリーグPRESS

天皇杯って実は戦後に始まった?
喜び、切なさが交錯する元日決戦。

2018年、明けましておめでとうございます。めでたい。年末年始、親族への挨拶もそこそこに、テレビをつければ様々なスポーツがや… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2018/01/01

トリコロールのロクとハチの伝説。上野と遠藤から、扇原と中町へ。

JリーグPRESS

トリコロールのロクとハチの伝説。
上野と遠藤から、扇原と中町へ。

トリコロールのロクとハチ。背番号6の扇原貴宏と背番号8の中町公祐は、6月18日ホームの川崎フロンターレ戦で初めてコンビを組ん… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/10/21

イッペイ・シノヅカ22歳の逆輸入。ロシアと日本、マリノスへの想い。

話が終わったらボールを蹴ろう

イッペイ・シノヅカ22歳の逆輸入。
ロシアと日本、マリノスへの想い。

10月14日、横浜F・マリノスvs.大宮アルディージャでのこと。マリノスのメンバー表を見た瞬間、、「あれっ」と思った。日本人の名… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/10/20

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

“ユース教授”のサッカージャーナル

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。
ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

横浜F・マリノスMF齋藤学、右膝前十字靭帯損傷で全治8カ月――。9月26日に衝撃的なニュースが流れた。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/09/27

クライファート愛弟子に横浜で直撃。マルティノス、Jリーグってどう?

JリーグPRESS

クライファート愛弟子に横浜で直撃。
マルティノス、Jリーグってどう?

マルク・オーフェルマルスやアリエン・ロッベンといった名ウイングを輩出してきたオランダ。そこで育ったサイドアタッカーがJリ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/09/16

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。天野純、「うまいけど」からの脱皮。

話が終わったらボールを蹴ろう

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。
天野純、「うまいけど」からの脱皮。

それは実に、鮮やかなゴールだった。7月29日の清水エスパルス戦、前半42分のことである。山中亮輔が高速クロスを上げると、タイ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/08/05

140戦連続フル出場より大事なこと。いまだ鉄壁、中澤佑二の鉄の意志。

サムライブルーの原材料

140戦連続フル出場より大事なこと。
いまだ鉄壁、中澤佑二の鉄の意志。

彼からすれば、特別な夜ではなかった。横浜F・マリノスの堅守を支える中澤佑二は、7月1日のアウェイ、大宮アルディージャ戦でJ1… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/07/05

「単なるスーパーサブじゃない」U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「単なるスーパーサブじゃない」
U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

ドリブルを得意とし、サイドからガンガン突破を仕掛けていくタイプの選手は、試合の流れを一気に変える存在として、チームのスー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/18

“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。

話が終わったらボールを蹴ろう

“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。
レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。

アルビレックス新潟の右サイドバック・矢野貴章と横浜F・マリノスのサイドハーフ・齋藤学の“ガチバトル”は、なかなか見応えが… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/03/26

札幌の魂・河合竜二のマリノス愛。古巣に伝える「まだやってますよ」。

JリーグPRESS

札幌の魂・河合竜二のマリノス愛。
古巣に伝える「まだやってますよ」。

『Number Web版2017年J1順位予想』で、3人のうち2人が最下位、もう1人が17位としたチーム。それが昨季J2王者の北海道コンサドー… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/03/03

扇原貴宏は齋藤学を操れるか?横浜FMで復活を期す男の「直感」。

話が終わったらボールを蹴ろう

扇原貴宏は齋藤学を操れるか?
横浜FMで復活を期す男の「直感」。

新天地にサッカー人生を懸けて挑戦する。名古屋グランパスから横浜F・マリノスに完全移籍してきた扇原貴宏は、そんな気持ちだと… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/02/24

NumberWeb版2017年J1順位予想!2強を追う存在、残留争いはどこ?

JリーグPRESS

NumberWeb版2017年J1順位予想!
2強を追う存在、残留争いはどこ?

いよいよ開幕が近づいてきた2017年のJリーグ。優勝賞金の増額など大変革がもたらされるシーズンとなります。積極的な補強に打っ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/02/24

キャプテン+10番は海外以上の挑戦。横浜FM・齋藤学が担う「俊輔の後」。

サムライブルーの原材料

キャプテン+10番は海外以上の挑戦。
横浜FM・齋藤学が担う「俊輔の後」。

望みどおりにならなければ、別の望みをつかむ。今オフ、海外移籍を模索した齋藤学はマーケットが閉じた後、横浜F・マリノスとの… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/02/23

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ