横浜F・マリノス 関連コラム

横浜F・マリノス 

59件中 1 - 20件を表示
齋藤学のマリノス愛を見た9年前。ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

“ユース教授”のサッカージャーナル

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。
ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

横浜F・マリノスMF齋藤学、右膝前十字靭帯損傷で全治8カ月――。9月26日に衝撃的なニュースが流れた。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/09/27

クライファート愛弟子に横浜で直撃。マルティノス、Jリーグってどう?

JリーグPRESS

クライファート愛弟子に横浜で直撃。
マルティノス、Jリーグってどう?

マルク・オーフェルマルスやアリエン・ロッベンといった名ウイングを輩出してきたオランダ。そこで育ったサイドアタッカーがJリ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/09/16

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。天野純、「うまいけど」からの脱皮。

話が終わったらボールを蹴ろう

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。
天野純、「うまいけど」からの脱皮。

それは実に、鮮やかなゴールだった。7月29日の清水エスパルス戦、前半42分のことである。山中亮輔が高速クロスを上げると、タイ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/08/05

140戦連続フル出場より大事なこと。いまだ鉄壁、中澤佑二の鉄の意志。

サムライブルーの原材料

140戦連続フル出場より大事なこと。
いまだ鉄壁、中澤佑二の鉄の意志。

彼からすれば、特別な夜ではなかった。横浜F・マリノスの堅守を支える中澤佑二は、7月1日のアウェイ、大宮アルディージャ戦でJ1… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/07/05

「単なるスーパーサブじゃない」U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「単なるスーパーサブじゃない」
U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

ドリブルを得意とし、サイドからガンガン突破を仕掛けていくタイプの選手は、試合の流れを一気に変える存在として、チームのスー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/18

“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。

話が終わったらボールを蹴ろう

“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。
レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。

アルビレックス新潟の右サイドバック・矢野貴章と横浜F・マリノスのサイドハーフ・齋藤学の“ガチバトル”は、なかなか見応えが… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/03/26

札幌の魂・河合竜二のマリノス愛。古巣に伝える「まだやってますよ」。

JリーグPRESS

札幌の魂・河合竜二のマリノス愛。
古巣に伝える「まだやってますよ」。

『Number Web版2017年J1順位予想』で、3人のうち2人が最下位、もう1人が17位としたチーム。それが昨季J2王者の北海道コンサドー… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/03/03

扇原貴宏は齋藤学を操れるか?横浜FMで復活を期す男の「直感」。

話が終わったらボールを蹴ろう

扇原貴宏は齋藤学を操れるか?
横浜FMで復活を期す男の「直感」。

新天地にサッカー人生を懸けて挑戦する。名古屋グランパスから横浜F・マリノスに完全移籍してきた扇原貴宏は、そんな気持ちだと… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/02/24

NumberWeb版2017年J1順位予想!2強を追う存在、残留争いはどこ?

JリーグPRESS

NumberWeb版2017年J1順位予想!
2強を追う存在、残留争いはどこ?

いよいよ開幕が近づいてきた2017年のJリーグ。優勝賞金の増額など大変革がもたらされるシーズンとなります。積極的な補強に打っ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/02/24

キャプテン+10番は海外以上の挑戦。横浜FM・齋藤学が担う「俊輔の後」。

サムライブルーの原材料

キャプテン+10番は海外以上の挑戦。
横浜FM・齋藤学が担う「俊輔の後」。

望みどおりにならなければ、別の望みをつかむ。今オフ、海外移籍を模索した齋藤学はマーケットが閉じた後、横浜F・マリノスとの… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/02/23

いつもマリノスと共にあった……。中村俊輔、心の痛みと新たな旅立ち。

JリーグPRESS

いつもマリノスと共にあった……。
中村俊輔、心の痛みと新たな旅立ち。

あのときの中村俊輔は、どこか寂しげだった。12月29日、大阪・長居スタジアムで行われた天皇杯準決勝。鹿島アントラーズに敗れる… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/01/12

大久保、憲剛の「代役」ではなく――。川崎・小林悠、三好が見せた自分の色。

Jをめぐる冒険

大久保、憲剛の「代役」ではなく――。
川崎・小林悠、三好が見せた自分の色。

その瞬間、小林悠が抱いていたのは、チームメイトとは異なる感情だった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/09/28

小中高プロ、そしてU-19代表でも――。和田昌士と遠藤渓太は「最高の2人」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

小中高プロ、そしてU-19代表でも――。
和田昌士と遠藤渓太は「最高の2人」。

価値ある35分間だった。昔から仲がよく、ずっと一緒にサッカーをしてきた2人が、韓国の地でその良好なライバル関係をさらに深め… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/05/23

湘南がGW中に2連勝&悔しい1敗。曹監督日記より「戦った選手に敬意」。

熱血指揮官の「湘南、かく戦えり」

湘南がGW中に2連勝&悔しい1敗。
曹監督日記より「戦った選手に敬意」。

横浜FM戦(4/30 1-0で今季初勝利)に臨むにあたっては、選手には多くを考えすぎずに感じたままに率直にプレーするようにと働きか… 続きを読む

曹貴裁Cho Kwi-Jae

2016/05/11

絶対に負けられないU-19日本代表。新風を吹き込む2人の18歳を検証。

“ユース教授”のサッカージャーナル

絶対に負けられないU-19日本代表。
新風を吹き込む2人の18歳を検証。

2017年に韓国で開催されるU-20W杯の出場権を懸けた重要な大会が、今年10月にバーレーンで開催されるAFC U-19選手権である。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/04/21

齋藤学がメッシとネイマールを盗む!最大の武器ドリブルを現在改造中。

サムライブルーの原材料

齋藤学がメッシとネイマールを盗む!
最大の武器ドリブルを現在改造中。

名は体を表す、とは良く言ったものだ。ハマのメッシこと齋藤の名は「学」。彼は、「学ぶ」姿勢を大切にする。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/02/16

日本最高のキッカーが語る極意。中村俊輔のFKはいかに生まれるのか?

Number Ex

日本最高のキッカーが語る極意。
中村俊輔のFKはいかに生まれるのか?

「フリーキックはその日のコーナーキックやセットプレーからすでに始まっている」禅問答のようなフレーズから、日本が誇る稀代の… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2015/10/27

ロシアW杯も「どこかでベテランが」。J1通算500試合出場、中澤佑二の夢。

サムライブルーの原材料

ロシアW杯も「どこかでベテランが」。
J1通算500試合出場、中澤佑二の夢。

日産スタジアムのトラックで、187cmの大きな体が照れくさそうに宙を舞った。10月17日、ヴィッセル神戸から終盤に2点を奪って逆転… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/10/23

林彰洋がノイアーより走る3つの理由。守備ラインの低い鳥栖でなぜ5km超?

JリーグPRESS

林彰洋がノイアーより走る3つの理由。
守備ラインの低い鳥栖でなぜ5km超?

今季からJリーグが公表している各選手の走行距離データと、UEFAが発表しているチャンピオンズリーグでの各選手の走行距離を見比… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2015/03/23

開幕戦勝利に満足せず。川崎・風間監督の着目点。~華麗な攻撃の中にある“ミス”~

SCORE CARD

開幕戦勝利に満足せず。川崎・風間監督の着目点。
~華麗な攻撃の中にある“ミス”~

2ステージ&ポストシーズン制となった2015年シーズンのJ1が開幕した。開幕節9カードの合計得点は30ゴール。18チーム制になった’… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/03/21

1 2 3 NEXT >>

ページトップ