マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「不動のスタメン捕手」不在の時代。
投手が配球の主導権を握るチャンス? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/05/19 11:00

「不動のスタメン捕手」不在の時代。投手が配球の主導権を握るチャンス?<Number Web> photograph by Kyodo News

ヤクルトの中村悠平は、12球団でもっとも打撃のいい捕手と言える。捕手が打線の穴にならないことは、チームにとって巨大なメリットになる。

捕手が日替わりになったのはここ数年の特徴。

 複数の捕手が日替わりのように、入れ替わり立ち替わり起用される現象は、ここ数年の特徴的な現象で、これまでのプロ野球史の中では初めてのことではないか。

 しかし、「ふたり捕手」という状況は、これまでも何例もあって、それはそれである意味「名手」として、今でも語り草となっている。

 大エース・鈴木啓示とバッテリーを組んだ有田修三捕手がいた頃の近鉄には、鉄砲肩・梨田昌孝捕手も活躍していたし、江夏豊が剛腕を振るっていた当時の阪神には、その剛速球の捕球音を甲子園の銀傘に轟かせていた「ダンプ辻」こと辻恭彦と、主に村山実、バッキーとバッテリーを組んだ辻佳紀の「ダブル辻」がいた。共に球史に残る名捕手たちであろう。

捕手の複数制、悪いことじゃないと思う。

「ひとり」がいいのか、「ふたり」がいいのか、「複数」のほうが合理的なのか。

 正解はないのだろうが、私は捕手の複数制、悪いことじゃないと思う。そうしたほうが、投手が“自立”の方向へ向かうような気がするからだ。

 投手と捕手。バッテリーはどちらがイニシアチブをとるべきか?

 私は、投げる本人が主導権をとるべきことだと考えている。

 そもそも日本の野球は、捕手がバッテリーの主導権を握ってきたように思う。

 オレのいう通りに投げてくれば間違いなし! というタイプの捕手と、そういう捕手に頼りながら、決めてもらいながら投げてきた投手たち。

 叱られることを覚悟でいえば、ほとんどのバッテリーがそうした関係で成り立ってきたように見える。

 そんな土壌から、プロ野球に何人もの名捕手が登場してきた。

 さらに、そうした傾向がそのままアマチュア野球にも伝播して、同様のバッテリー関係が成立してきたように思う。

 たとえば、甲子園の高校野球を見ていても、捕手のサインに首を振って、投げるボールの選択を修正しながら投げている投手は極めて少ない。

 とりわけ、走者を背負ったピンチの場面、走者に目をやって、捕手のサインに目を移して、「なに? ああ、それね……」、そんな感じであっという間にモーションに入る投手のなんと多いことか。

 投手が苦しい場面ほど「捕手依存」の現状がはっきりと見てとれる。

【次ページ】 工藤公康は「キャッチャーは誰でも構わない」と言った。

2/4ページ
関連キーワード
中村悠平
小林誠司
梅野隆太郎
工藤公康

ページトップ