小林誠司 関連コラム

小林誠司 

29件中 1 - 20件を表示
異常に過熱する巨人vs.DeNAのCS争い。カギ握る両チーム捕手5人の運命は?

プロ野球亭日乗

異常に過熱する巨人vs.DeNAのCS争い。
カギ握る両チーム捕手5人の運命は?

プロ野球のペナントレースはパ・リーグがソフトバンクの2年ぶりの優勝、セ・リーグは広島の連覇で決着。シーズン終了まで残すと… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/09/22

打てる捕手・阿部慎之助の後継者!?プロ2年目、宇佐見真吾とは何者か。

球道雑記

打てる捕手・阿部慎之助の後継者!?
プロ2年目、宇佐見真吾とは何者か。

160名を超える部員を抱える城西国際大学は、千葉県大学野球連盟に属している。 続きを読む

永田遼太郎Ryotaro Nagata

2017/09/12

巨人を悩ます「8番小林誠司」問題。若手を抜擢できないのも実は……。

プロ野球亭日乗

巨人を悩ます「8番小林誠司」問題。
若手を抜擢できないのも実は……。

「若い選手を育てるために補強は必要だ」――巨人の原辰徳前監督の言葉である。巨人は補強するから若手が育たない、と言われる。… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/30

筒香、菊池、小林……WBCの真実。侍ジャパン100時間密着取材の告白。

プロ野球PRESS

筒香、菊池、小林……WBCの真実。
侍ジャパン100時間密着取材の告白。

「小林、覚醒したよ!」その時日本代表のベンチは、東京ドームを埋めたファン、そしてテレビ越しに熱戦を見つめた人々と同じく、… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2017/06/26

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

プロ野球亭日乗

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。
采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

巨人が7日の西武戦に敗れ、球団史上ワーストの12連敗を記録した。「(12連敗は)現実なのでそれを現実として受け止めないといけ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/08

「不動のスタメン捕手」不在の時代。投手が配球の主導権を握るチャンス?

マスクの窓から野球を見れば

「不動のスタメン捕手」不在の時代。
投手が配球の主導権を握るチャンス?

プロ野球・打撃30傑。そこに捕手がいない……。そう思って探してみたが、セ・リーグで、わずかに中村悠平(ヤクルト)が0.270で2… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/05/19

小林誠司が迫る史上最低打率の偉業。規定打席達成で1割台なら35年ぶり。

酒の肴に野球の記録

小林誠司が迫る史上最低打率の偉業。
規定打席達成で1割台なら35年ぶり。

「WBCであんなに活躍したのに、巨人に戻ったら元の木阿弥だ」巨人ファンの嘆きはよくわかる。 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/04/26

「全員が納得することはありえない」小久保采配は、勝利だけのために。

プロ野球亭日乗

「全員が納得することはありえない」
小久保采配は、勝利だけのために。

「行き当たりばったりですよ」米国行きを決めたイスラエル戦後の東京ドーム。投手陣を預かる権藤博投手コーチは淡々とした表情で… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/03/16

対応する打撃と、決めにいく打撃。日本の4番・筒香嘉智の2つの顔。

プロ野球亭日乗

対応する打撃と、決めにいく打撃。
日本の4番・筒香嘉智の2つの顔。

厳しい試合が続く。2次ラウンドの初戦となるオランダ戦をタイブレークの末に制した侍ジャパンだが、2試合目のキューバ戦は序盤か… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/03/15

則本と牧田の登板順を徹底検証!9回と11回は必要な能力が違う?

プロ野球亭日乗

則本と牧田の登板順を徹底検証!
9回と11回は必要な能力が違う?

大会史上初のタイブレークに突入したオランダ戦。先攻の侍ジャパンは延長11回無死一、二塁から鈴木誠也(広島)がきっちり送って… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/03/13

結局、捕手の能力は何が最優先か。捕る、投げる、そしてリードの意味。

マスクの窓から野球を見れば

結局、捕手の能力は何が最優先か。
捕る、投げる、そしてリードの意味。

「侍ジャパン」がWBCを順調に勝ち進んでいる。故障の大谷翔平(日本ハム)が抜け、メジャー開幕に焦点を合わせたMLBの日本人選手… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/03/12

侍ジャパンの野球とは何か――。指揮官の「遠慮」はチームを殺す。

プロ野球亭日乗

侍ジャパンの野球とは何か――。
指揮官の「遠慮」はチームを殺す。

泳がされながら、執念でバットに引っ掛けた打球右翼線に落ちた。同点の9回2死一、二塁。秋山翔吾(西武)の放った三塁打が、7日… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/03/06

嶋、大野、小林という軸なき捕手陣。ならばWBCは「3本の矢」しかない。

プロ野球亭日乗

嶋、大野、小林という軸なき捕手陣。
ならばWBCは「3本の矢」しかない。

準決勝敗退した第3回大会。敗れた相手は下馬評は決して高くなかったプエルトリコだった。プエルトリコといえば過去にはロベルト… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/02/23

小林誠司には元木大介の匂いがする!?なぜ阿部は彼に坊主頭を命じたのか。

プロ野球亭日乗

小林誠司には元木大介の匂いがする!?
なぜ阿部は彼に坊主頭を命じたのか。

「理想はあいつをレギュラーで使わなくてもいいチームを作ることだ」――巨人の長嶋茂雄監督(現終身名誉監督)からこう言われ続… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/01/13

「戦力不足」だった高橋巨人1年目。勝つしかない覚悟と、世代交代と。

プロ野球亭日乗

「戦力不足」だった高橋巨人1年目。
勝つしかない覚悟と、世代交代と。

戦力がなかった。2016年の巨人の敗北を振り返ったとき、もちろん様々な問題が浮上してくる。ただ、根本的な要因を1つ挙げるとす… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/12/28

巨人、巻き返しの中心は小林誠司。高橋監督、エースが語る「成長」とは。

プロ野球亭日乗

巨人、巻き返しの中心は小林誠司。
高橋監督、エースが語る「成長」とは。

5月8日に東京ドームで行われた巨人対中日戦。試合後の巨人・高橋由伸監督の囲み取材でこんな出来事があった。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/07/22

ホームを跨いでいたら全部セーフ!?コリジョンルールの運用法を考える。

プロ野球亭日乗

ホームを跨いでいたら全部セーフ!?
コリジョンルールの運用法を考える。

今季から導入されたコリジョンルールが、改めて注目を浴びている。本塁上での過度の接触プレーを防ぐために、2016年シーズンから… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/05/13

巨人を支える控え選手の充実度。CSに見る原監督のマネジメント力。

野球善哉

巨人を支える控え選手の充実度。
CSに見る原監督のマネジメント力。

「2WAYで準備していました」その言葉に、今の巨人の強さを感じずにはいられなかった。CSファーストステージの第1戦で勝利を挙げ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2015/10/13

巨人・小林誠司のリードが変わった!頭で描く配球から、投手本位へ。

プロ野球亭日乗

巨人・小林誠司のリードが変わった!
頭で描く配球から、投手本位へ。

「若い選手がレギュラーを取るためには、毎日、毎日成長しているということを見せなくちゃならないんだよ」巨人の原辰徳監督がこ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2015/08/22

巨人・小林誠司と「スターの宿命」。逃したチャンスが“追いかけてくる”!?

プロ野球亭日乗

巨人・小林誠司と「スターの宿命」。
逃したチャンスが“追いかけてくる”!?

巨人・原辰徳監督がプレーヤーとして晩年に差し掛かった1989年のことだった。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2015/04/24

ページトップ