マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「不動のスタメン捕手」不在の時代。
投手が配球の主導権を握るチャンス? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/05/19 11:00

「不動のスタメン捕手」不在の時代。投手が配球の主導権を握るチャンス?<Number Web> photograph by Kyodo News

ヤクルトの中村悠平は、12球団でもっとも打撃のいい捕手と言える。捕手が打線の穴にならないことは、チームにとって巨大なメリットになる。

自立した投手を育てるのも“手”だ。

 たしかに、なかなかいないのかもしれないなぁ……と思いながら、総合力ですばらしい捕手がいないのであれば、そのぶん、自立した投手を何人も育てることに力を注ぐのも“手”なのではないか……。

 最近は、そんなふうにも考え始めている。

 ならば、自立した投手とは何か?

 まさに、工藤公康投手言うところの、キャッチャーに投げているだけではなく、バッターに向かって投げられる投手。

 世の中がどんどん変わっていくように、野球だって、日々刻々、変わっていっているようである。

関連コラム

<< BACK 2 3 4 NEXT >>
4/4ページ
関連キーワード
中村悠平
小林誠司
梅野隆太郎
工藤公康

ページトップ