甲子園の風BACK NUMBER

新風が巻き起こったセンバツ応援。
甲子園に響いた「アゲアゲホイホイ」。

posted2017/04/05 11:10

 
新風が巻き起こったセンバツ応援。甲子園に響いた「アゲアゲホイホイ」。<Number Web> photograph by Yukiko Umetsu

もはや高校生自身は知らない時代の楽曲『ドリフの早口ことば』『キン肉マン』『プロジェクトA』が鳴り響いた創志学園のスタンド。写真中央、サングラスをかけている男性が環太平洋大学マーチング部・中家監督である。

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph by

Yukiko Umetsu

 大阪桐蔭vs.履正社という、史上初の大阪代表同士による決勝戦となった今年のセンバツ。4月1日に大阪桐蔭が5年ぶり2度目の優勝を果たし、高校生による夢の球宴は、その幕を閉じた。

 球児たちが、その汗と涙をグラウンドに落としているのとほぼ同じ頃、アルプススタンドで汗と涙を流している生徒たちがいた。それが……甲子園の各校ブラバン応援団である。

 このコラムは、高校野球のブラバン応援にハマり、今年もセンバツに参加した全校の応援を生で聴いてきた“高校野球ブラバン応援研究家”こと梅津有希子(元吹奏楽部)が、その応援団席で感じたことを綴った記事である。

 今春の甲子園で目撃したこと、それは……「高校野球の応援に新風が巻き起こっている!」ということだった。

吹き荒れた『恋』旋風!!

 高校野球の応援といえば、まっ先に思いつく曲は何だろうか。『サウスポー』や『狙いうち』、『ルパン三世のテーマ』『宇宙戦艦ヤマト』など、懐メロやアニメの主題歌を思い浮かべる人も多いことと思う。

 それらの定番曲ももちろん健在だが、今センバツでは、明らかに新しい風が吹いているように感じた。

 センバツの入場行進曲にも選ばれた、星野源の『恋』。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌で、恋ダンスが社会現象にもなった、アレだ。

 編曲を手がけたのは、2009年からセンバツ行進曲の編曲を手がける人気作曲家・酒井格(いたる)氏。いきいきとした躍動感にあふれながらも、しっかりと歩きやすいマーチに仕上がり、緊張感の漂う開会式がどこか明るく楽しい雰囲気に思えたのは、筆者だけではないと思う。

【次ページ】 入場曲は応援曲として、あまり取り上げられない!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
大阪桐蔭高校
履正社高校
不来方高校
滋賀学園高校
Honda鈴鹿硬式野球部
健大高崎高校
鎮西高校
早稲田大学
東京大学
高田商業高校
静岡学園高校
報徳学園高校
明石商業高校
甲子園
センバツ

ページトップ