ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

もう高萩洋次郎は“10番”ではない。
韓国仕込みの球際で代表に帰還。

posted2017/03/23 07:00

 
もう高萩洋次郎は“10番”ではない。韓国仕込みの球際で代表に帰還。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

クラブ公式サイトの選手紹介でもテクニックやパスが強調されている高萩洋次郎。だが今は、韓国で身につけたハードな守備がそれ以上に目を引いている。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 人の印象やイメージは、時に当てにならない。そう感じさせられた選手である。

 高萩洋次郎。先週発表された日本代表メンバーに、約3年半ぶりに選出されたMF。ハリルジャパンになって初選出なのはもちろん、それは突然の抜擢だった。

 2014年まで広島でプレーし、2015年1月にオーストラリアのウェスタンシドニーへ移籍した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも活躍を見せ、日本への凱旋試合となった鹿島戦では、ゴールとアシストを挙げて勝利の立役者となった。

 その年の夏、プレーに惚れ込んだFCソウル(韓国)からオファーを受け、渡韓した。当時チームの監督でJリーグでもプレー経験のあった元韓国代表FWチェ・ヨンス(現・江蘇蘇寧監督)から、直々に電話で口説かれたという。

 韓国での日々は充実していた。Kリーグでのプレーは新鮮であり、刺激的だった。

「生活も含めて、ソウルでの日々は本当に良かった。最高でしたね」

 韓国についての話を振ると、笑顔が返ってきた。

 FCソウルでは、主にボランチとして活躍していた。球際やフィジカルコンタクトで、日本より激しいプレーが連続する韓国。守備的MFとなれば、ボールを奪いに行くためにガツガツとした姿勢が不可欠だ。

10番タイプ、というイメージが一変。

 日本のサッカー関係者やファンの中で、高萩のプレースタイルと言えば“10番タイプ”というイメージだった。広島時代は1トップに佐藤寿人が構え、その背後に位置する2人のシャドーストライカーの一画を担った。高萩はパスで味方を動かす側の役割で、足元のテクニックと183cmの恵まれた体格を生かして攻撃陣を操っていった。

 イメージは、パサーであり、テクニシャン。守備を連想させる選手ではなかったのである。

 そんな彼が韓国で直面したのは、プレーの変化の必要性だった。

「正直、これまでのままの感覚だとやっていけないなと痛感しました。韓国で一番自信を付けたのは、守備面だと思っています」

 FCソウルはACLの常連組でもある。韓国、アジアの舞台で、高萩は常にフィジカルファイトを求められる環境にいた。

 そして昨季、チームはKリーグで優勝を果たし、ACLでは準決勝まで進出。惜しくもアジアの頂点は逃したが、ボランチでの彼の挑戦はチームの結果につながる成果を残したのだった。

【次ページ】 FC東京の監督が驚くその変貌ぶり。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
高萩洋次郎
ヴァイッド・ハリルホジッチ
FC東京
アジア最終予選
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ