欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「まだバルサとはやりたくないかも」
レスター岡崎慎司、CLで再び奇跡を。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/03/17 07:00

メガクラブのストライカーのように得点を量産しているわけではない。それでも岡崎の献身性はレスターを勝たせる大事なエッセンスである。

メガクラブのストライカーのように得点を量産しているわけではない。それでも岡崎の献身性はレスターを勝たせる大事なエッセンスである。

まだバルセロナとはやりたくないかも。ユーベかな。

「8強なんて、どこも強敵ですからね。僕個人としては、まだバルセロナとはやりたくないかも。あとは強くて嫌だけど、ユベントスとやってみたい。今日の試合でも十分に“ビッグマッチ”だと感じましたから。

 そう思うと“あいつら”はヨーロッパへ行ってすぐに、ようこんな舞台でやれたな。僕なんて30歳で、もうすぐ31歳ですからね。それでやっと経験できた。あいつらだけ、恵まれてるんやって思いますよ(笑)」

 岡崎がいう“あいつら”とは、2010-2011シーズンの準々決勝で対戦したインテルの長友佑都、シャルケの内田篤人のことだろう。

 はるか遠くにあると感じていた夢舞台。縁がないのかもと諦めたこともあっただろう。そんなCL決勝トーナメントで、チームを勝利に導く仕事ができた。その充実感は岡崎に自信と確信、同時に少々の悔しさも与えている。

 岡崎のCL決勝トーナメントでの初ゴールは準々決勝に持ち越されたが、そのぶん1点の重さも増す。

 勝利への貢献はもちろん、勝利を決定づける仕事ができるのか?

 ストライカーとしての矜持がかかっている。

関連コラム

言わせろ!ナンバー あなたのご意見を聞かせてください!

現役日本人サッカー選手の中で、もっともドリブルがうまい選手は?
BACK 1 2 3 4 5
5/5ページ

ページトップ