欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「まだバルサとはやりたくないかも」
レスター岡崎慎司、CLで再び奇跡を。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/03/17 07:00

メガクラブのストライカーのように得点を量産しているわけではない。それでも岡崎の献身性はレスターを勝たせる大事なエッセンスである。

メガクラブのストライカーのように得点を量産しているわけではない。それでも岡崎の献身性はレスターを勝たせる大事なエッセンスである。

まさか、セカンドレグのピッチに立てるとは!

 チャンピオンズリーグで勝利に貢献できたというのも、岡崎にとって大きなものだった。サッカー選手にとって、チャンピオンズリーグは夢の舞台。岡崎自身、年齢的にもその夢はかなわないと考えることもあった中で、今季そのチャンスは訪れた。

 しかしグループリーグでは初戦でベンチ外になり、先発したのは2試合だけ。セビージャとのファーストレグが終わったとき、岡崎は「次はベンチ入りすらできないかもしれない」とまで思っていた。

「正直、今季はチャンピオンズリーグに懸けてきたところがある。今日ゴールを決めて『どうだ!』と言いたかったけど、そんなに甘くはなかった。だけど、3試合前までの僕は絶望的な状況にいたんで。ファーストレグのあとは、本当に落胆した。次はベンチ外だと思ったし。だから、まさか、セカンドレグのピッチに立てるとは! って感じです(笑)。

 そういう意味では“なにかを持っているな”と。ラニエリさんには感謝しているけれど、監督交代で自分の状況が一変したのは事実だから。あの状況では、僕にはどうすることもできないところもあった」

今日ダメなら、次戦は控えという気持ちは消えない。

 スタメンを外されている期間にも、時折チャンスは訪れた。しかしスタイルの変わったチームでは結果も出せず悔しさが募っていく一方だった。それは監督の期待に応えられないだけでなく、自分に対する怒りでもあった。それでも岡崎は全力を尽くし続けたと、自信を持って断言できる。

「絶対に使ってくれと思いながら、自分は毎練習で抜かなかった。監督の態度や言葉に『ちくしょう』と思いながら。結果的に若手のように監督から煽られていた。なかには移籍を口にする選手もいるほど、サブのモチベーション・コントロールが難しいなかでも、準備だけはしっかりやれていた」

 だからこそ、監督交代で訪れたチャンスにも対応できたのだろう。そして、チャンピオンズリーグベスト8進出。夢は繋がった。少なくともあと2試合、この舞台で戦える。

「だけど『今日ダメだったら、次の試合では代えられる』という想いは消えない。勝たないと次は外されるというのを心に秘めている。毎試合毎試合が勝負なんです。だからすべての力を出しきろうという想いでピッチに立っている」

【次ページ】 決められたかのような交代策に思うところはあるが。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
3/5ページ

ページトップ