マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園“悲劇の主役たち”の心の内。
北海、中越、光星の声に耳を傾けて。

posted2016/08/25 07:00

 
甲子園“悲劇の主役たち”の心の内。北海、中越、光星の声に耳を傾けて。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

優勝した作新学院とともに写真に収まる北海ナイン。準優勝盾を持つ大西をはじめ決勝の舞台まで辿り着いたことは事実だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 毎年のことだが、甲子園が終わると、世間が急に静かになってしまうような気がしている。

 今年は、甲子園にオリンピックがまともに重なったから、そんな静けさを余計に感じるのかもしれない。

 オリンピックは、私はそんなに熱狂して見るほどでもないが、それでも、両方いっしょに終わってしまってからは、翌朝目を覚ます楽しみがなくなり、昼間のテレビもひどく退屈に感じられてならない。

 祭りは終わってしまったのだ。

 作新学院(栃木)と北海(南北海道)が決勝戦でぶつかることが決まった時、深紅の大優勝旗が2年続けて関東にやって来ることは、ほぼ見えていた。お叱りを覚悟でいえば、正直、そう思った。

 それほどに、作新学院の強打線には“ぬかり”がなく、それほどに北海の選手たちは、すでに持ち札のほとんどを使いきっていた。

作新・今井が「ピンシャン」していたのは想定外。

 予想通りの試合展開になった。

 3回まで4人の走者を出塁させて北海高のエース・大西健斗にボディーブローを与え、徐々に消耗させた作新学院打線が4回、一気に襲いかかる。

 大西健斗と、リリーフの2年生左腕・多間隼介に4安打2四球を浴びせると、一挙5点を奪う。

 しかし、作新学院・今井達也が「ピンシャン」していたのは想定外だった。北海・大西健斗も4戦連続完投で迎えた決勝戦だったが、今井達也のほうだって、準優勝までの4試合で32イニングを投げていた。しかも、彼にはいつも150キロを投げなくてはならないプレッシャーもある。

【次ページ】 「えらい!」と思ったのは北海・大西健斗だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
作新学院高校
北海高校
中越高校
八戸学院光星高校
東邦高校

ページトップ