作新学院高校 

9件中 1 - 9件を表示
積極性が空回った時にどう戦うか。作新学院の連覇を阻んだ「負の循環」。

野球善哉

積極性が空回った時にどう戦うか。
作新学院の連覇を阻んだ「負の循環」。

高校野球はメンタルスポーツであることをあらためて感じた。9日の第1試合、作新学院(栃木)の夏連覇の夢は初戦でついえた。1回… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/08/10

甲子園を今年も席巻する北関東勢。「上位8校」と注目の1回戦カードは?

詳説日本野球研究

甲子園を今年も席巻する北関東勢。
「上位8校」と注目の1回戦カードは?

今夏の甲子園で前評判が高いのは作新学院、前橋育英、花咲徳栄、横浜、東海大菅生、大阪桐蔭、広陵、秀岳館の8校。 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2017/08/06

甲子園の代打本塁打が激増している!?原因は“プロ化”と“格差”の進行か。

甲子園の風

甲子園の代打本塁打が激増している!?
原因は“プロ化”と“格差”の進行か。

夏の甲子園で気になる記録がある。それは代打本塁打。長い夏の甲子園の歴史の中でも14本しか放たれていない貴重な記録だ。ただ、… 続きを読む

田澤健一郎Kenichiro Tazawa

2017/07/21

3年春にベールを脱いだ“元祖”怪物。「5回戦った男」が語る江川卓のヤバさ。

Number Ex

3年春にベールを脱いだ“元祖”怪物。
「5回戦った男」が語る江川卓のヤバさ。

怪物・江川卓が初めて甲子園の舞台に姿を現したのは、1973年、高3春の選抜大会だった。60奪三振は現在も選抜大会記録。準決勝の… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/03/22

甲子園優勝投手・今井達也の現在地。技術は揺れても“原点”はブレない。

マスクの窓から野球を見れば

甲子園優勝投手・今井達也の現在地。
技術は揺れても“原点”はブレない。

作新学院・今井達也投手の甲子園での快投、そして全国制覇には、たくさんの人が驚いたに違いない。それほどに、この春や去年の今… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2016/10/19

写真家 杉山ヒデキ・セレクション。第98回夏の甲子園、白球の記憶。

甲子園の風

写真家 杉山ヒデキ・セレクション。
第98回夏の甲子園、白球の記憶。

今年も真っ赤に燃えた甲子園の夏が終わりました。今年も真っ黒に“甲子園焼け”したカメラマン、杉山ヒデキが心に残るとっておき… 続きを読む

杉山ヒデキ(文藝春秋)Hideki Sugiyama

2016/09/04

甲子園“悲劇の主役たち”の心の内。北海、中越、光星の声に耳を傾けて。

マスクの窓から野球を見れば

甲子園“悲劇の主役たち”の心の内。
北海、中越、光星の声に耳を傾けて。

毎年のことだが、甲子園が終わると、世間が急に静かになってしまうような気がしている。今年は、甲子園にオリンピックがまともに… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2016/08/25

33歳で甲子園優勝の小針崇宏監督。恩師が語る作新学院指揮官の素顔。

野ボール横丁

33歳で甲子園優勝の小針崇宏監督。
恩師が語る作新学院指揮官の素顔。

21日に行われた夏の甲子園決勝、作新学院(栃木)vs.北海(南北海道)は7-1で作新学院が54年ぶり2度目の頂点に輝いた。作新を率… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2016/08/21

“力感ない剛腕”作新・今井を打てず。明徳・馬淵監督「春、勝つよ」と去る。

野ボール横丁

“力感ない剛腕”作新・今井を打てず。
明徳・馬淵監督「春、勝つよ」と去る。

明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督は試合前、理想の試合運びをこう語っていた。「実力は、4対6で向こうが上。こちらが先制するか、… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2016/08/20

ページトップ