サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

五輪代表を襲う「またか」の問題。
遠藤航離脱で問われる“余白”の力。

posted2016/01/08 11:00

 
年末のキャンプで明るい表情を見せるU-23代表と手倉森誠監督。

年末のキャンプで明るい表情を見せるU-23代表と手倉森誠監督。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 またか、で、まさか、である。

 手倉森誠監督が率いるU-23日本代表には、'14年1月のチーム結成当初からアクシデントが付きまとった。海外遠征でも国内合宿でも、メンバー発表後の選手の差し替えや離脱が繰り返されてきた。国際大会が始まってから、選手が戦線離脱したこともある。

 そうした事態に直面するたびに、手倉森監督は「与えられた環境のなかでどれだけできるのかを、我々は試されているんだ」と話してきた。難局を前向きにとらえてきた。「選手の差し替えはいつもあるから、もしこの選手に何かあったらどうする……ということも考えている。選手の使いかたに、余白を持っているというかね」と、説明していたものだ。

 それにしても、今回の「またか」はチームに重くのしかかる。

 1月13日にリオ五輪アジア最終予選の初戦を迎えるチームから、キャプテンの遠藤航がいきなり離脱してしまったのだ。開催地カタール入り直後の1月3日夜に、インフルエンザを発症したのである。

 回復が順調なら、13日の北朝鮮戦には間に合う。ただ、少なくとも5日間連続の安静が必要な状況で、すぐにトップフォームへ持っていけるとは考えにくい。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督のもとで日本代表へ招集され、今オフに湘南ベルマーレから浦和レッズへの移籍を発表したキャプテンを欠くなかで、グループリーグ序盤を戦うことも覚悟しなければならない。

まず21人を選び、2人枠を残して合宿に突入。

 手倉森監督が「チームのへそ」と表現するボランチの遠藤は、取り換えの利かない選手である。逃げ切りの局面ではセンターバックでの起用も見込み、昨年12月の石垣島合宿では最終ラインでもプレーさせていた。

 しかしキャプテンの離脱という緊急事態で、昨年末の追加招集が意味を持ってきた。

 手倉森監督は最終予選に出場する23人のうち、昨年12月18日に21人を発表した。残る2人は石垣島での合宿を経て、同30日に決定するスケジュールを組んだ。

 ギリギリまで決断を先送りしたふたつのピースは、どのポジションに充てられるのか。攻撃の選択肢をできるだけ増やすためにも、浦和レッズで好調さを示してきたサイドアタッカーの関根貴大や、トップ下など複数のポジションをこなせる鎌田大地(サガン鳥栖)の招集が予想された。昨年12月のU-22イエメン戦、ウズベキスタン戦がいずれもスコアレスドローに終わったことで、「いかに点を取るのか」がクローズアップされていたのだ。

【次ページ】 攻撃陣に豊川、守備陣に三竿を呼んだ理由。

1 2 3 4 NEXT >>
関連キーワード
リオ五輪・パラリンピック
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ