“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高校選手権、前回大会のスターはいま。
大学で、プロで、もがき前進する3選手。

posted2015/12/30 10:30

 
高校選手権、前回大会のスターはいま。大学で、プロで、もがき前進する3選手。<Number Web> photograph by Takahito Ando

東福岡で“和製クリスティアーノ・ロナウド”として名を馳せた増山朝陽。いまはヴィッセル神戸でプロ1年目。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 いよいよ12月30日から始まる第94回全国高校サッカー選手権大会。今年も新たなスター達が、真冬の祭典で大きな躍動を見せてくれるだろう。

 これまで本田圭佑(星稜高校)、岡崎慎司(滝川第二高校)、森重真人(広島皆実高校)、柴崎岳(青森山田高校)など、多くの選手を輩出し、将来の日本代表に通じる登竜門のひとつになっている高校選手権。

 昨年度の大会は、星稜と前橋育英との間でファイナルが争われ、延長戦の末に星稜が初優勝を果たした。この大会で輝けた選手もいれば、期待されながら、輝ききれなかった選手もいる。

 注目を浴びた彼らは、あれから1年が経った今、どのような立場にあるのか。また、どんな1年間を歩んできたのか。プロに進んだ選手、大学に進んだ選手。違う道を選んだ3人の選手の今に迫ってみた――。

監督不在の星稜をまとめ上げたキャプテン・鈴木大誠。

 優勝に輝いた星稜のキャプテン・鈴木大誠。大会直前に本田圭佑や豊田陽平(現・鳥栖)らを育てた名将・河﨑護監督が交通事故に遭い、復帰のめどが立たないまま大会を迎えるという非常事態の中、彼は冷静にチームをまとめ上げた。

「チームの中でのコミュニケーションを意識しました。ピッチ外の人間関係をどうつなぎ止めて、チームにするかを意識した。自分が先頭に立って、ミーティングにミーティングを重ねた。監督がやっていたことを、自分がやろうと思った」

 ピッチ内外でキャプテンとして見事なまでのリーダーシップを発揮し、チームを優勝まで導いた。対人の強さ、読みの鋭さ、ラインコントロールの上手さと総合力が高く、CBの選手としても評価が高かったが、彼の人間性にも特筆すべきものがあった。受け答えは常にハキハキとし、相手の意図を汲み取って、明快な答えを口に出す。

 一番印象に残っているのが、大会後に金沢市内のホテルで行われた優勝祝賀会だった。県内外から錚々たる来賓が集まる中、壇上に上がった彼は堂々たるスピーチをしてみせた。

【次ページ】 「この優勝に決して満足していません」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
星稜高校
筑波大学
東福岡高校
ヴィッセル神戸
青森山田高校
大阪体育大学
鈴木大誠
増山朝陽
菊池流帆
全国高校サッカー選手権

ページトップ