私とDo 特別編BACK NUMBER

マラソン世界新記録
2時間2分22秒が出る日は遠くない。

posted2015/11/12 10:00

 
マラソン世界新記録2時間2分22秒が出る日は遠くない。<Number Web> photograph by AFLO

ケニアのデニス・キメットは、2014年のベルリン・マラソンに出場し、2時間2分57秒の世界記録を樹立。この記録はいつ破られるのだろうか。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

AFLO

マラソンの世界記録は現在、ケニアのデニス・キメットが持つ2時間2分57秒。その記録をデータから読み解くと、更なる記録、2時間2分22秒も夢ではないことが見えてきました。
好評発売中のNumber Do「ランの未来学。」より、記事の一部を公開します。

 男子マラソンは今、陸上競技の全種目の中で、最も活性化された状況にある。2008年以来、過去7年間で4度も世界記録が更新されているのである。これは、驚くべき状況だ。なぜなら近年、陸上競技の世界記録は、なかなか更新されなくなっているからだ。

 五輪種目になっている男女合計47種目の中で、世界記録が10年以上出ていない種目が29種目ある。たびたび記録が出ているのは、女子のハンマー投や3000m障害といった歴史の浅い種目だ。古くからの種目で、過去7年間で4度の世界記録という男子マラソンは、まったく例外的な状況だ。

世界歴代10傑の記録はすべて'08年以降のもの。

 近年の男子マラソンがどれくらい活性化しているか、世界歴代10傑の記録を見ると、よく分かる。'15年9月10日時点のランキングを見ると、男子マラソンは、世界歴代10傑の記録が、すべて'08年以降の記録になっているのである。男子マラソン以外で、世界歴代10傑の記録がすべて最近10年('05年9月以降)の記録になっている種目は、歴史の浅い女子のハンマー投と3000m障害しかない。女子のハンマー投が五輪種目になったのは'00年のシドニー五輪から、3000m障害は'08年の北京五輪からだ。この2種目の世界歴代10傑が、新しい記録ばかりで埋め尽くされているのは当然のことである。

 だが男子マラソンは、1896年の第1回アテネ五輪から行われている種目だ。約120年の歴史を持つ種目が、現在もなお、日進月歩の向上を見せているというのは、興味深い事実である。

 同じマラソンでも、女子マラソンのほうは、'03年に記録されたポーラ・ラドクリフ(英国)の2時間15分25秒が、12年間破られていない。女子マラソンは五輪種目になったのが1984年のロサンゼルス五輪で、まだ30年ほどの歴史しかない。男子より歴史はずっと浅いのだから、むしろ女子のほうで、ハイレベルな記録が続々出ていておかしくないはずなのだが、実際にはそうなっていないのである。

 加えて――ここが重要な点だと思うのだが――男子マラソンは、単に記録が伸びているだけではない。グラフを見ても分かるように、過去10年間に出た4回の世界記録を、すべて違う選手が出しているのである。この点が、男子マラソンの活性化をよく表している。飛び抜けた選手が、1人で記録を更新しているのでは、ないのである。

【次ページ】 世界記録を出した経験のある選手が、現役に3人いる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
デニス・キメット
オリンピック
リオデジャネイロ五輪
陸上

ページトップ