スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

全日本を東洋が制し、箱根は混戦?
本命はなお青学も、神野次第では……。

posted2015/11/09 10:30

 
全日本を東洋が制し、箱根は混戦?本命はなお青学も、神野次第では……。<Number Web> photograph by Kyodo News

胴上げされ、喜びを爆発させる東洋の酒井監督。青学を倒し、再び王座につくことができるか。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 全日本大学駅伝。

 初優勝を遂げた東洋大、酒井俊幸監督の優勝インタビューは予想していない展開になった。

「柏原、市川、設楽、彼らの悔しさが……」

 そこから先は聞き取れなかった。酒井監督は涙をこらえきれなかった。

 距離が延びてよし。これが東洋大の特徴だ。距離適性は向いているはずなのに、初優勝とは意外である。

 今回、東洋大の勝因はふたつある。

 序盤で主導権を握ったこと。

 そして、中盤以降のつなぎ区間と、ラストで青山学院大を突き放したこと。

3区までにリード、そして勝負の4区……。

 昨今の駅伝のトレンドを考えたとき、序盤で波に乗るためには、俗にいう「エース区間」で戦える選手が3枚は必要だ。

 今季でいえば青学大には一色恭志、久保田和真、小椋裕介の3枚がいて充実。本命に推される理由はここにあった。

 しかし、東洋大のエースにも力がある。1区を走った服部勇馬、2区を担当した弾馬の兄弟はふたりとも区間賞を獲得し、主導権を握ることが出来た。

 大きかったのは最短区間の3区で、ここで東洋大は口町亮が青学大の田村和希に1秒差で区間賞を取り、差を縮めさせなかった。

 3区までに作った36秒の差が、この後の展開に大きく影響した。

 勝敗の分岐点は4区だった。

 追う青山学院大は、原晋監督が勝負どころと睨んだか、駅伝に強い久保田をこの区間に配置した。30秒以上の差を軽快に追い上げ、あっという間に東洋大の櫻岡駿を捉えた。走りに躍動感があり、「これは一気に久保田が逆転だな」と予測した。

 しかし、そこから予想していなかった櫻岡の粘りが「炸裂」する。

【次ページ】 久保田が離される姿に目を疑った。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
全日本大学駅伝
青山学院大学
東洋大学
箱根駅伝
神野大地

ページトップ