JリーグPRESSBACK NUMBER

ガンバ大阪、残る2冠を得るために。
遠藤「残り試合全部勝ちますよ」

posted2015/11/03 10:40

 
ガンバ大阪、残る2冠を得るために。遠藤「残り試合全部勝ちますよ」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

今季J1出場500試合を達成した遠藤保仁。チームを支えるキャプテンとして、この敗戦を糧にチームを成長させられるか。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 遠藤保仁は、何を失ったのだろうか。

 ナビスコカップ決勝でガンバ大阪は、鹿島アントラーズに0-3で敗れた。スコアだけでなく内容的にも完敗で、遠藤も「負けるべくして負けた」と、自分たちがチャンピオンに値しなかったことを認めた。

 今シーズンのガンバには、圧倒的な強さがあったわけではない。1stステージは4位、2ndステージも4位でステージ優勝は絶望的だ。また、遠藤が春のキャンプから「今シーズンはACL制覇がいちばんの目標」と公言してきたACLでも、グループリーグから綱渡りでの勝利がつづいた。準々決勝ホームでの全北現代戦も本来であれば2-1で終わらせるべき試合だったが、終了間際に同点に追い付かれ、米倉恒貴の奇跡的なゴールで3-2でなんとかうっちゃったギリギリの勝利だった。

 準決勝のホームでの広州恒大戦は、内容的にはパトリックが押さえられてほとんどチャンスを作れず、1点も奪えなかった。スコアは0-0だったがアウェイでの逆転負け(1-2)が響き、決勝進出を逃した。あまり喜怒哀楽を見せない遠藤だが、試合後はブラジルW杯のコートジボワール戦の敗戦の時のように落胆した表情でいた。

逸した、勝って自信をつけていくための機会。

「自分たちに力がなかった……」

 遠藤は、チーム状態が万全ではないことは理解していた。連戦つづきで選手は疲弊し、パトリック中心の攻撃も相手に研究されて思うように行かなくなっていた。それでも、タイトルのかかった試合に勝ち続けることで、足りないピースが埋まっていくこともある。南アフリカW杯でフルモデルチェンジした日本代表がカメルーンに勝って自信をつけたように、ガンバも勝って自信をつけていくしかなかった。だが、その機会をタイトルとともに逸したのだ。

「この悔しさを忘れずに、切り替えて国内3冠獲れるようにやっていく」

 遠藤は新たにそう決意を表明したが、広州恒大戦からナビスコカップ決勝までの10日間の流れは悪くなかった。リーグ戦では難敵の仙台をアウェイで3-1で打ち破り、年間総合ポイントで3位にアップした。チャンピオンシップに出場し、優勝を狙える順位まで上昇し、選手のテンションも上がった。また、1週間の準備期間が取れたことでコンディション的にいい状態で決勝に挑めた。

【次ページ】 なぜナビスコ杯が重要なのか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
鹿島アントラーズ
遠藤保仁
大森晃太郎
ヤマザキナビスコカップ

ページトップ