月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島、9月のスポーツ新聞世相。
MVPは桐谷美玲(元ラグビー部マネ)。

posted2015/09/29 10:45

 
プチ鹿島、9月のスポーツ新聞世相。MVPは桐谷美玲(元ラグビー部マネ)。<Number Web> photograph by Getty Images

南ア戦は地上波テレビでの生中継がされなかったという、不思議な一戦としても記憶された。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今月はなんといってもラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会から。9月19日の1次リーグB組初戦で日本代表は世界3位の南アフリカを破る大金星を挙げた。

 世界中のメディアが日本ラグビーに驚いたのだから、当然われらがニッポンのスポーツ紙も大騒ぎだ。9月21日の見出しを並べてみよう。

「ラグビー日本 歴史的大事件」(日刊スポーツ)

「エディーJAPAN 日本スポーツ最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

「日本大金星 ドロー捨て終了間際奇跡トライ」(サンケイスポーツ)

「ラグビー史に刻む世紀の逆転トライ エディーの奇跡」(スポーツニッポン)

「和田ズバリ!!猛虎8点圧勝」(デイリースポーツ)

 デイリースポーツは通常通りの阪神一面だった。ブレない。さすがだ。

「桐谷美玲が吉田沙保里に勝つようなもの」

 今回の快挙はスポーツ紙の芸能面でも大きく伝えられた。サンスポは「ラグビー日本大激勝に芸能界も大大大大大興奮(注・「大」が5つです)」という記事で、ラグビーにゆかりのある芸能人のコメントを載せた。

「涙が出た」(舘ひろし・高校時代ラグビー部)、「鳥肌」(高橋克典・中高ラグビー部)、「真は力なり!」は山下真司。ドラマ「スクール☆ウォーズ」で熱血ラグビー部監督を演じたあの人だ。やっぱりコメントを求められた。

「最後は絶叫してしまいました」は桐谷美玲。高校時代にラグビー部のマネージャーを務めていたという。知らなかった!

 その桐谷美玲はこんなところでも名前が出ていた。南ア戦の勝利のすごさをいかに例えるかネット上で人気という記事。

「日本ラグビー金星はどれだけすごい? 例えが人気 桐谷美玲が吉田沙保里に勝つようなもの!?」(デイリースポーツ 9月20日)

 桐谷美玲、大活躍。

 ちなみに私が最もわかりやすかった例えは「具志堅用高が数学オリンピックで勝つようなもの」(東スポWeb)であった。ラグビー芸人のコメントを集めた記事で、東スポはスリムクラブ・真栄田賢のコメントを見出しに持ってきていた。

 しかしお笑いだけではない。東スポは日本代表が世界中を驚かす前に、裏一面で大きくこのような記事を書いていた。

【次ページ】 ラグビー日本代表をニンジャにした男とは?

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
エディー・ジョーンズ
山田哲人
落合博満
谷繁元信
森繁和
三木谷浩史
ラグビーW杯

ページトップ