岩渕健輔、ラグビーW杯と東京五輪のためにBACK NUMBER

岩渕健輔GMが語る熾烈な交渉と感謝。
スーパーラグビー参戦までの道のり。

posted2015/09/29 15:35

 
岩渕健輔GMが語る熾烈な交渉と感謝。スーパーラグビー参戦までの道のり。<Number Web> photograph by AFLO

田中史朗が所属するハイランダーズが、スーパーラグビーで初優勝。日本選抜のチームが参加することになれば、レベルアップは一気に進むはずだ。

text by

岩渕健輔

岩渕健輔Kensuke Iwabuchi

PROFILE

photograph by

AFLO

 ラグビー日本協会、代表チームGMの岩渕健輔です。今回は一件、ご報告したいことがあり、急遽、寄稿をさせていただくことにしました。

 ご承知の通り、来年から予定されていたスーパーラグビーへの参戦を巡っては、様々な報道がなされてきました。その主な内容は、日本の参戦に黄色信号が灯っているというものでした。

 しかし昨日9月28日、日本チームの対戦が入ったスケジュールがSANZAR(スーパーラグビーを運営する協会)ならびにJSRAから発表。従来の決定は変更されず、スーパーラグビーへの参戦に向けた準備が進められることが決定しました。日本が編成する特別チームは、予定通り、来年の2月からスーパーラグビーに参戦できる見込みです。

 ラグビーファンの皆さんには、大きなご心配をかけたことをお詫びすると共に、苦しい最中においても私たちを信じ続け、スーパーラグビーへの参戦に向けて支援をいただきましたことを、改めて心より御礼申し上げたいと思います。本当に有り難うございました。皆さんのおかげで、日本ラグビー界は一つの大きな山を乗り越えつつあります。

 とはいえ、ここに至るまでの交渉は過酷を極めました。海外との交渉がいかに難しいものであるか、そしてラグビー界で繰り広げられている政治的な駆け引きが、どれほど凄まじいものであるかは、これまで解説してきたとおりです。

SANZARとの間で繰り広げられた熾烈なやり取り。

 むろん私はどんなに厳しい局面に立たされても、「苦しい状況を変えていくための方法はどこかにあるはずだ」と信じ、前向きな発想を保ち続けました。また協会ならびにJSRAのスタッフが必死の交渉をしたからこそ、難局を乗り越えることができたのだと思います。

 これまでにもお伝えしてきましたが、SANZARとのやりとりは、かなり前からはじまっていました。私たちはSANZAR側から、コーチングスタッフや選手契約の遅れを指摘され、大会参戦が危うくなるような窮地に立たされたのです。特にエディー・ジョーンズは、スーパーラグビーに参戦するチームのディレクターに、既に就任していました。

 これを受けて、JSAR(スーパーラグビーの参戦に向けて結成された、日本側の一般社団法人)は、選手との契約を一気に進めていくと共に、大会の参戦に向けたプランを再び説明。エディー・ジョーンズの後任を探す作業が容易ではないことについても理解を求めましたが、状況はなかなか好転しませんでした。

【次ページ】 日本ラグビー界の総力をあげて……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
岩渕健輔

ページトップ