欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ストライカーか、オールラウンダーか。
久保裕也がスイスで悩む“スタイル”。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/05 11:00

ストライカーか、オールラウンダーか。久保裕也がスイスで悩む“スタイル”。<Number Web> photograph by AFLO

ELナポリ戦、後半からピッチに立った久保裕也だったが、グズマンにハットトリックを許し敗戦。グループ突破は最終節の結果次第だ。

「日本人は技術」という欧州での根強いイメージ。

 チームが久保に求めた役割は、トップ下の位置で、攻撃全体にリズムを生み出すこと。そしてそれには、チーム内で久保のテクニックがずば抜けているという理由がある。

「サンガでプレーしていた頃は、僕はそんなに上手い部類の選手ではなかった。でもここでは、日本人は技術を生かしたプレーができると見られているので、監督は僕に攻撃の組み立てにも参加して欲しいと思っている。

 一度ボールを受けに下りて、自分のところでワンクッション作ってサイドに展開して、そこからゴール前に入っていく。だから一人二役。僕が一番したいプレーは、ゴール前での勝負だけど、今はそれだけに専念するわけにはいかない」

「まだスタイルなんて決まっていなかったんです」

 漠然とではあるが、久保には選手としての理想のイメージがあるという。

「とにかく、“恐い”と思われる選手になりたい」

 それでは、その“恐い”選手とは、どんなプレーヤーなのか。

 パスもドリブルもシュートも全てを持つ選手は、当然相手にとって警戒を要する存在だ。一方で、ペナルティエリア内での勝負に徹するストライカーも、敵にとってはこの上なく厄介である。

 久保が当初描いていたのは、おそらく後者だっただろう。そして、おそらくいまでもその思いは捨てていない。しかし現実には、多くの役割をこなさなければ試合には出られない自分もいる。

 自身の描いたプランとは異なる現状にも、久保はこう前を向く。

「まだ僕は経験も少なく若い。だから今の時点でプレースタイルなんて決まっていなかったんです。何が自分のスタイルなのか、本当の意味ではそれは出来上がっていない。まだ自分の追い求める“恐さ”が、具体的にどんなタイプなのかもわからない。探り探り、それを見つけ出すための時期なのかもしれない」

【次ページ】 久々のゴールに触れると、久保の口調が変わった。

3/6ページ
関連キーワード
久保裕也
BSCヤングボーイズ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ