NumberEYESBACK NUMBER

注目度急上昇のインドサッカー。新リーグの現状やいかに?
~あのビッグネームは健在なのか~ 

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/08 10:00

クリケットの人気選手など、多くのセレブたちもクラブ経営にかかわる。

クリケットの人気選手など、多くのセレブたちもクラブ経営にかかわる。

 インドで新たに発足したプロサッカーリーグ「インド・スーパーリーグ(ISL)」が話題だ。

 インドの人気スポーツといえば、一にも二にもクリケットと言われるほどで、世界2位の人口12億5000万人を誇るものの、サッカーに関しては長い低迷が続き、最新のFIFAランクでも159位。しかし、10月12日に産声を上げたISLは、その参加する選手や監督の豪華さに一風変わったリーグ方式も手伝い、にわかに注目を集めている。

10週間の短期リーグで、ジーコが監督を務めるクラブも。

 全8チームによる10週間の短期リーグは、盛り上げを図る意味で各チームにW杯、ユーロ、欧州チャンピオンズリーグなどの国際大会への出場経験のあるマーキープレーヤー(看板選手)の獲得を義務付け、往年のスター選手がずらり。元イタリア代表アレッサンドロ・デル・ピエーロ(デリー)のほか、元フランス代表ロベール・ピレス(ゴア)、元フランス代表ダビド・トレゼゲ(プネー)、元スウェーデン代表フレドリック・リュングベリ(ムンバイ)らサッカーファンなら誰もが知っている名前が並ぶ。ちなみに、元日本代表監督のジーコも監督として指揮をとっている。

 基本的に1日1試合というレギュレーションで、期間中インドではほぼ毎日ゴールデンタイムにISLの試合が生中継されるわけである。

得点時には打ち上げ花火、一方でスタジアム外は……。

 地元の熱狂度も気になるが、スタジアムの入りは、広いインドだけに各地域によってバラつきはあるが、概ね1万人から3万人といったところ。筆者も実際に現地で複数の試合を取材してきたが、ユニークなのは各スタジアムにはそれぞれDJがおり、チャンスの際には音楽で煽り、得点が入れば盛大に花火を打ち上げ盛り上げているのだ。その様は、さながら公式戦というよりエキシビションのようである。ただ会場を一歩外に出れば、牧歌的な雰囲気そのもので、舗装のされていない道では犬や牛、ときにイノシシに出くわすなど、インドらしさを実感させられた。

【次ページ】 デル・ピエーロ、ピレスらは明らかに全盛期と程遠い。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ